ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

加熱脱離質量分析計(フタル酸エステル類検査装置)HM1000

RoHS指令の改正に伴い、2019年7月から、絶縁被覆材や電気絶縁テープ、包装用フィルムなどに使用されている4種類のフタル酸エステルが規制対象物質に加わります。
本装置は、フタル酸エステル類の迅速なスクリーニング検査を生産現場で簡単に行うための専用機です。操作性の良さに加え、約8時間で50個の自動測定という高スループットな検査を実現しています。

価格:¥14,000,000~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

迅速な検査:1サンプルの測定時間は最短10分以下!

気化した化合物をイオン化し、直接質量分析できるので、高速に測定できます。(分離カラム不要)

【原理図】

約8時間で50個の連続自動測定を実現

正確でスムーズなオートサンプラ(標準搭載)により、測定をスタートすると、最大50個の連続自動測定ができます。測定中に、次の測定サンプルの準備やその他の業務を行えるため、業務効率が上がり、測定者の負荷が軽減されます。

サンプリングから測定まで、迷いのない簡単操作!

適量にカットしたサンプルをサンプルパンに入れ、サンプルトレイへセットします。あとは簡単なソフトウェアの操作で、オートサンプラによる自動測定が開始されます。ソフトウェア画面上にサンプルトレイイメージが表示され、連続測定の進捗や判定結果(PASS/FAIL)を一目で確認できます。

低ランニングコスト

キャリアガスは窒素ガスを使用します。窒素ガス発生装置(国内オプション)の使用により、必要なユーティリティは電源のみとなります。高価なヘリウムガスや液化窒素等の供給や管理の手間を省き、ランニングコストも抑えます。

仕様

仕様
構成 装置基本構成 HM1000(装置本体・付属品)
パソコンセット(デスクトップパソコン、モニター、テーブルタップ)
主なオプション品 窒素ガス発生装置(国内販売オプション)
測定仕様 測定対象 フタル酸エステル類(DBP/DIBP,BBP,DEHP)
臭素系難燃剤(DBDE)
サンプル量 0.2 mg ± 0.04 mg
試料形態 固体、粉体試料
搭載サンプル数 最大50 個(オートサンプラ部)
質量検出部 イオン源 大気圧化学イオン化(APCI)
質量分析部 四重極マスフィルター
測定モード スキャンモード
SIMモード(最大20チャンネル)
外形寸法と質量 本体 510 mm(W)×615 mm(D)×615 mm(H), 約85 kg
ロータリーポンプ 160 mm(W)×490 mm(D)×265 mm(H), 約29 kg

環境配慮

スループットの向上

  • 分析原理の変更により、従来法では30分間程度必要であった測定時間を10分間以下に短縮し、作業性を向上。

  • * ここでの従来法とは溶媒抽出-GC/MS法としている

消耗品の改善によるランニングコストの低減

  • 従来法で必要であったHeのキャリアガスをN2ガス(N2発生装置利用)に変更し、ガス入手時の容易化およびコスト削減に貢献(一般的なHeガス購入価格:約40万円/年を削減)
  • 従来法で必要であった分離用カラム(約10万円/年)を未使用とし、廃棄物量を削減。

化学物質(有機溶剤)の削減

  • 従来法は有機溶剤を(150リットル/年(5000検体測定時))必要であったが、本製品では未使用とし、廃棄物量を削減

操作性向上

  • オートサンプラーを備えることで、約8時間で50個の自動測定を実現し、人の作業負担を軽減。

目前に迫る“改正RoHS”の適用開始 万全対応に向けた無比のツール「HM1000」

フタル酸エステル類検査装置 HM1000

欧州連合(EU)による電子・電気機器の特定有害物質の使用制限“RoHS指令”の改正に伴い、電子・電気機器とそれに搭載する部品・材料を生産する企業は、改正後のRoHS指令に対応した管理体制の構築が迫られています。フタル酸エステル類検査装置「HM1000」をユーザーの声とともにご紹介しています(日経エコロジー 2017年12月号掲載の記事広告)。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

 
 

関連製品