ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

SPECTROGREEN CCD多元素同時型 ICP発光分光分析装置

優れた操作性と性能を兼ね備え、パッシェンルンゲ光学系ORCAにより280 nm以下の波長範囲において約8 pmの分解能を持つマルチICP-OES装置です。
GREENによる分析は、排水、土壌、汚泥などの難しいマトリックスを含むサンプル、工業用化学物質、高塩濃度、金属を含むサンプルに大きな利点をもたらし、製品の安全性、医薬品、化粧品、食品、環境および農業分野でのルーチン分析に最適です。

価格 ¥11,900,000~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

DSOI(デュアル・サイド‐オン・インターフェース)

DSOIはプラズマ測光の重要な問題に対する新しいアプローチであり、垂直プラズマトーチを使用するダイレクトのラジアル(横方向)測光の新しいテクノロジーです。デュアルの光学インターフェースを使用し、通常の横方向の測光だけでなく、追加された一個のミラーによって、プラズマの両側から放出された光を同時に捉えることができるので感度が向上します。さらに、これまでの垂直トーチのアキシャル(軸方向)測光方式における課題を排除しています。DSOIはラジアル測光の2倍の感度を得られるだけでなく垂直デュアル測光方式の複雑さ、弱点、コストを回避する優れたコストパフォーマンスを提供します。
また、ニーズに応じてシングルのラジアル仕様の選択も可能です。

ORCA:パッシェン‐ルンゲ分光器

ダブルマウントのパッシェンルンゲ光学系を採用しており、広い波長範囲をカバーするだけでなく中間の光学素子を最小限に設計することで光の減衰や迷光を抑えます。波長範囲165 nm~770 nm の分析が可能です。複数のCMOS検出器をローランド円上に連続的に並べることで、分光された全波長を同時検出します。新GigE読み出しシステムにより、スペクトル処理と転送速度が大幅に向上し、分析速度が速くなり、サンプル間の時間が短くなり、1時間あたりのサンプル数が増えます。

低いラニングコスト

UV波長域での測定に対応した分光器は新しい微少量パージを標準としています。また、オプションのUV-PLUSはパージが不要です。さらに、最新の空冷テクノロジーによって水冷が不要であり、高価な循環冷却水装置(チラー)のメンテナンスも不要です。

LDMOS 最大出力1700Wの高周波電源

GREENの27.12 MHzのRFジェネレータはタフな電源を実現するLDMOSパワー半導体によってパワフルで長時間の安定性に優れています。

新ICP Analyzer Proソフトウェア

ICP Analyzer Proソフトウェア:シンプルで直感的で使い易い合理化されたワークフローは、各ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズできるモジュラープラグインアーキテクチャを採用しています。 処理速度は超高速で、最大1500倍高速です(自社比)。 先端の監査証跡機能によるバージョンおよびユーザー管理により、分析プロセスが完全に透明で追跡可能です。

仕様

SPECTROGREEN
型式 FMS46 FMD46
タイプ SOP DSOI
測光方式 シングル ・ラジアル デュアル ・サイド・オン
分光器タイプ 多元素同時(マルチ)
マウント ORCA(ダブル・パッシェンルンゲ)
波長範囲 165~770 nm
検出器 リニアCMOS×15個
9桁ダイナミックレンジ、最少読取時間0.1m秒
UVシステム 微少量Arパージ(標準)0~0.5l/min
高周波電源
(RFジェネレーター)
周波数 27.12MHzフリーランニング
出力 0.5~1.7kW

オプション

  • 超音波ネブライザー
  • 水素化物発生装置
  • オートサンプラ
  • 有機溶媒導入システム

アプリケーションデータ

ICP発光分光分析・ICP質量分析の分析事例を紹介します。ID登録されていない方は新規登録が必要です。

原理解説

微量元素抽出(ICP)の原理と応用例をご紹介しております。

技術資料リスト

ICP発光分光分析・ICP質量分析の技術資料リストを掲載しています。

参考文献・発表リスト

ICP発光分光分析・ICP質量分析についての文献をリストにまとめています。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

 

関連製品

加熱脱離質量分析計 HM1000A

卓上顕微鏡| Miniscope TM4000/TM3030Plus/TM3030 スペシャルサイト

日立コンビニラボ