ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

SPECTRO MSは、市販されている装置としては世界初の、6Liから238U までの完全同時測定を実現しました。シーケンシャル測定から同時測定へ。繰り返し性と正確性の進歩のみならず試料あたりの測定時間も大幅に減少しました。
製造元:スペクトロ社

価格 ¥37,000,000~

株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

1. Mattauch-Herzog ジオメトリ

Mattauch-Herzog ジオメトリはすべての質量数を1つの面にフォーカシングさせることができます。 この特長からDCD検出器(Direct Charge Detector)と組み合わせることですべての質量スペクトルの同時測定を可能にし、他のICP質量分析装置で用いられるような時間のかかるシーケンシャルスキャンニングを必要としません。同時に、高感度、低バックグラウンドのため複雑なマトリックスでも非常に低い検出限界で測定することが可能です。

2. ハイスループット

全無機マススペクトラム同時測定による優れた感度と精度および高サンプルスループットです。

3. プラズマジェネレータ

堅牢性の高いドライ真空システムおよびメンテナンス不要のフリーランニングジェネレータです。

4. 高速同時測定

高速同定、リアルタイム内標準、過渡信号、同位体比、同位体希釈の測定が可能です。

5. DCD検出器

検出器には新型の4800チャンネル、高速リードアウトDCD検出器が採用されています。DCD検出器はすべてのマススペクトラムを同時検出します。各チャンネルは低増幅と高増幅ピクセルを併せ持つアレイによって構成されており(デュアルステージデザイン)、広いレンジのシグナルを直接処理することができます。

仕様

質量分析部

質量分析計 二重収束Mattauch-Herzogジオメトリ
質量範囲 5~240m/z
質量分解能 400
検出器 4800chDCD(DirectChargeDetecor)

高周波プラズマ発生部

周波数 27.12MHz
最大出力 1.7kW

オプション

  • フッ酸サンプル導入システム
  • 有機溶媒導入システム
  • オートサンプラ

DCD同時分析型ICP質量分析装置 SPECTRO MS

SPECTRO MSは、市販製品で初めて質量数6のLiから質量数238のUまでの完全同時分析を実現しました。
従来のICP-MSのシーケンシャル測定から同時測定への新たなスタンダードの誕生です。このユニークで革新的なテクノロジーの心臓部は、二重収束型質量分析計と、全イオンビームの同時測定が可能な独自の検出器のコンビネーションです。
一瞬の観察ですべての質量スペクトルを、記録し保存することが可能となり、繰り返し性、正確性の向上や測定時間の大幅な短縮が実現しました。この方法により一回の測定で75元素、210同位体の情報を取得することが出来ます。 また、選択していない元素も測定後に解析することが出来ます

 

アプリケーションデータ

ICP発光分光分析・ICP質量分析の分析事例を紹介します。ID登録されていない方は新規登録が必要です。

原理解説

微量元素抽出(ICP)の原理と応用例をご紹介しております。

技術資料リスト

ICP発光分光分析・ICP質量分析の技術資料リストを掲載しています。

参考文献・発表リスト

ICP発光分光分析・ICP質量分析についての文献をリストにまとめています。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

 

関連製品