ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

Lumione*1 BL-2000 は、ATP*2 生物発光法と日立独自の解析技術により、製薬用水中の微生物を最速1時間*3 で検出します。

*1
「Lumione」は(株)日立ハイテクの登録商標です。
*2
ATP : Adenosine triphosphate(アデノシン 三リン酸)
*3
1サンプル(100 ml)を、前処理~測定結果表示する場合の社内での計測結果です

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

  • 培養法と同レベルの感度で微生物の有無を迅速に測定
  • 非培養の迅速微生物計測法では検出困難な芽胞形成菌を検出可能
  • 保存効力試験や消毒/抗菌効果試験へも適用可能
主な特長

寒天培養法 (従来法)

  • 最少コロニーカウント値 : 1 CFU*4~
  • 日本薬局方収載技術
  • 菌種同定可

ATP生物発光法(Lumione)

  • 培養が不要
  • 日立独自技術により高感度化 : 1 amol (1 CFU相当)以下
  • 従来のATP計測感度 : 102amol*5( 102CFU相当)以上
  • 菌種同定不可
検査時間
寒天培養法 (従来法)2日~ 14日
ATP生物発光法(Lumione)最速1時間
*4
CFU : Colony Forming Unit(コロニー形成単位)
*5
1amol = 10-18mol

適用分類

微生物迅速検査装置「Lumione BL-2000」は、研究開発工程における保存効力試験、消毒/抗菌効果試験の迅速化にも、お使いいただけます。

試験内容対象分野測定対象例
微生物試験 品質管理 医薬品 製薬用水
医薬中間品
設備洗浄水
医療部材 製品(洗浄水)
飲料 製品
設備/容器洗浄水
保存効力試験
消毒/抗菌効果試験
研究開発 医薬品
化粧品
消毒/抗菌薬
点眼薬
化粧品
衛生材 抗菌材料

検査フロー

装置概要

項目仕様
分析方式 ATP生物発光法
測定感度 ATP検出下限 ≤ 1 amol
ATP測定範囲 0 ~ 5,000 amol
サンプル架設数 24本/ラック
サンプル
処理速度
24本/2時間 (1本あたり5分)
電源 単相AC100 V(50/60 Hz)、1.5 kVA
質量 装置本体 : 125 kg
寸法 計測部 : 770(W)×490(D)×600(H) mm
制御部 : 505(W)×500(D)×460(H) mm