ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

EA6000VXによりプリント基板に含まれる塩素(Cl)と臭素(Br)を測定した事例です。 微量でも明確に蛍光X線のピークをとらえています。

<測定条件>

キャプションを入れてください。
測定面積: 3×3mm
測定時間: 300秒

測定試料

塩素(Cl) 455.50(±62.63)ppm
臭素(Br) 1313.92(±13.54)ppm

測定結果の元素スペクトル