ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

Data No. タイトル
No.01

ダイカストの科学成分分析法としては一般的にスパーク放電発光分光分析法が用いられ、主に溶湯を鋳造前に採取し成分組成を確認します。近年アルミダイカストの原材料である二次合金の輸入量増加に伴い、含有量の違いによる合金の特性が多様化したことで、規格内であるか確認する受入検査等でもスパーク放電発光分光分析法が使用されることが増えてきました。
本資料では、「固体発光分光分析装置 FOUNDRY MASTER Smart」のアルミダイカスト分析における装置性能評価についてご紹介します。

No.03

快削アルミニウム合金は溶接性や耐食性、切削加工性などに優れており、船舶部品、車両用部品、通信機器部品、電子部品をはじめとしたさまざまな部品に使用されています。近年、5G技術やIoTサービスの普及、リモートワークの推進などにより光学機器や通信機器市場の需要が拡大しており、それに伴い快削アルミニウム合金の使用料も増えることが予想されます。
本資料では、「固体発光分光分析装置 FOUNDRY MASTER Smart」を用いた快削アルミニウム合金の分析麗、および合金種判定を行った結果とその有効性について紹介します。