ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

RoHS、ELV、中国版RoHSに代表される有害物質規制や、玩具や食器などへの有害物質混入事件などを背景に、環境や人体に悪影響を及ぼす恐れのある有害物質について、サプライチェーン全体を通して適切に分析・測定し、管理することが求められています。

ここでは、日立ハイテクサイエンスの分析・計測・観察装置を用いた有害物質規制分野での分析事例をご紹介しています。

ご案内画面

各資料をご覧いただくには、S.I.naviへの会員登録が必要です。
以下より承っております。

有害物質規制 テクニカルレポート

有害物質規制 テクニカルレポート
(1)

有害物質規制 アプリケーションブリーフ

製品名をクリックするとその製品によるアプリケーションブリーフにジャンプします。

ICP発光分光分析/質量分析装置(ICP-OES/ICP-MS)

ICP発光分光分析/質量分析装置(ICP-OES/ICP-MS)
ICP No.58
ICP No.57
ICP No.55
ICP No.44
ICP No.43
ICP No.42
ICP No.40
ICP No.38
ICP No.37
ICP No.34
ICP No.33
ICP No.32
ICP No.29
ICP No.23
ICP No.18
ICP No.4
ICP-MS No.16
ICP-MS No.15
ICP-MS No.10

有害物質規制分野アプリケーションで使用の分析・計測装置