ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

鉛フリーはんだ中の鉛(Pb)測定

SEA1200VXによる鉛フリーはんだの測定事例を以下に示します。 鉛フリーはんだに最適な条件を検討し検量線を作成したところ、非常に良好な直線性が得られ、300秒測定時の検出下限は7.9ppmと非常に高感度な測定が可能です。

測定時間100秒における繰返し再現性

鉛フリーはんだの認証標準物質で繰返し再現性を検証したところ、測定時間100秒でCV%で1.9%と高い繰返し再現性が確認されました。

<測定条件>

キャプションを入れてください。
管電圧 40kV
管電流 1000µA
コリメータ Φ8mm
フィルタ Pb用
測定時間 100秒

<測定試料>

認証標準物質MBH 74X HA

キャプションを入れてください。
平均値(ppm) 590
測定回数 20回
標準偏差(ppm) 11.3
CV% 1.9
認証値(ppm) 615

実試料への適用例

SEA1200VXによる鉛フリーはんだの測定事例です。 SEA1200VXにて測定した結果は、ICP発光分光分析装置(ICP-OES)と 良く一致した相関が得られています。

<測定条件>

キャプションを入れてください。
管電圧 40kV
管電流 1000µA
コリメータ Φ8mm
フィルタ Pb用
測定時間 300秒

<ICP発光分光分析装置ICP-OESと蛍光X線分析装置(XRF)のデータ比較>

キャプションを入れてください。
試料 ICP-OES XRF
1 310 310
2 308 299
3 42.1 45.0
4 113 120

(単位:ppm)