ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

【複雑な形状の試料への適応】

めっき中に含まれる鉛(Pb)の測定で代表的なアプリケーションであるスズ(Sn)めっきリード線試料の測定例です。薄膜FP法を用いることで精度の良い測定結果が得られることが確認でき、また、めっき試料を敷き詰めることにより、測定精度の向上に繋がりますが、 SEA1200VXの持つ強度補正(散乱線補正)機能により、試料が1本・2本の場合の測定結果と試料を敷き詰めた場合と良く一致した結果が得られています。

  • 基本は試料を敷き詰める
  • 照射径より小さな試料に関して強度補正をする

<厚み10.7µmのSnめっきリード線測定例>
  薄膜FP法 強度補正

    Snめっき厚み (µm) Pb濃度 (wt%)
試料1本 縦置き 11.61 0.0421
試料2本 縦置き 11.45 0.0318
敷き詰め 縦置き 11.26 0.0317

めっき試料測定例
試料2本

めっき試料測定例
試料敷き詰め