ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

DSC7020による高分解能測定

高感度示差走査熱量計「DSC7020」は、信号オプティマイズ技術を搭載し、従来機に比べてノイズを1/8に低減しました(当社比)。
高感度DSC測定が可能なDSC7020では、さらに、従来に比べ高分解能なDSC測定が可能になります。

インジウム(In)の測定

従来製品と比較して、ピークがシャープに検出されました。

インジウム(In)の測定
試料量:1mg
昇温速度:10℃/min
試料容器:Alオープン容器

4,4’- アゾキシアニソールの測定

微小ピークが、より明確に検出されました。また、連続したピークの分離に効果が期待できます。

4,4’-アゾキシアニソールの測定
試料量:5mg
昇温速度:20℃/min
試料容器:Alオープン容器