ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

A. 蛍光スペクトルの測定例

励起光に対して、ラマン散乱光、溶媒の蛍光、試料の蛍光、励起の二次光などいろいろな成分を含んでいます。

B. 用語集

用語集
1) 感度 装置の性能を示す。通常、信号(Signal)と雑音(Noise)の比で表す。
2) キセノンランプ 励起用の光源
3) 蛍光 励起された試料が発する光
4) 蛍光強度の単位 相対強度。無単位
5) 蛍光検出器 発光の強度を測定する検知器。光電子増倍管(ホトマル)が一般的
6) 蛍光スペクトル 蛍光波長を測定したスペクトル
7) 検出限界 検出できる最も薄い試料の濃度。試料によって変わる。
8) 検量線 蛍光強度を濃度値に換算するためのグラフ
9) 光電子増倍管 → 蛍光検出器
10) 細胞内Ca²+濃度測定 蛍光法の応用例の一つ。2種以上の波長条件の時間変化を一挙に測定する。
11) 三次元測定 励起波長/蛍光波長/蛍光強度の三つの軸を持った蛍光測定。情報量が多い。
12) スキャン スペクトルを得るために分光器の波長を順次移動すること。または測定そのもの。
13) Stokesの法則 蛍光波長は励起波長より長波長になるという法則。
14) スペクトル補正 装置ごとの特性を打ち消す処理を施した測定。
15) スリット 分光器の出入口にあるスリット。スペクトルの分解能を決定する。
16) 装置関数 装置ごとの特性
17) 二次光 分光器に入った光の2倍の波長位置に現れる光。例えば、300 nmの光を入れると600 nmの波長に現れる。
18) 白色光 いろいろな波長成分を持った光。太陽光やキセノンランプの光。
19) 波長 光の色(エネルギー)に対応する数字。単位はnm(ナノメートル)。
20) 波長走査 → スキャン
21) バンドパス → 分解能
22) 分解能 どこまで狭いピークが測定できるかを表す。
23) ラマン散乱 物質に光を当てたときに現れる光。散乱光の一種。
24) りん光 発光の一種。励起光の照射を止めても、蛍光よりも長く光っている。
25) 励起光源 → キセノンランプ
26) 励起状態 試料がエネルギーを吸収している状態
27) 励起スペクトル 励起光の波長を走査して得られたスペクトル。吸収スペクトルに似ている。
28) レスポンス 出力データ値をなまらせる指標。スキャン速度に適した数値を選ばなければならない。
29) 励起光 試料を励起するための光。