ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

長年にわたり、日立分析機器をご愛顧賜りありがとうございます。
長年ご愛顧いただいております分析機器では、ご使用環境によって装置の状態が大きく異なってまいります。品質、安全性の確保のためにメンテナンス、リプレースのご検討をお願いいたします。

消耗品・保守部品 保有期限満了装置

弊社では製造中止後の保守部品・消耗品などの保守部品保有期限を原則7年とさせていただいております。 メーカーとしてできるだけ長く装置をお客様にお使いいただけるよう努力いたしておりますが、保守部品保有期限を過ぎている装置の場合、部品調達・サービス技術力維持等の諸事情により、お客様のご要望に沿えない場合が出てくることが想定されるため、お客様には、装置リプレースのご検討をお願いいたします。
なお、修理などの対応時にはできる限り柔軟に対応させていただきますが、サービス料金・部品価格において、通常料金に特別修理費用を加算させていただく、または、サービスをお断りさせていただく場合もございますことをご了承ください。

対象装置は、以下のサイトでご確認をお願いいたします。(以下サイトに装置の記載が無い場合は、お問い合わせください。)

納入後10年を超える装置

長期間使用された家庭用電気製品等の「経年劣化」による重大事故の発生を防止するため、家電製品の一部を対象に消費生活用製品安全法(消安法)が、平成21年4月1日に改正施行されました。
分析装置はこの法制化の規制外ですが、重大事故を未然に抑制し、お客様の設備や人命に関わる大きな事故につながることのないよう、納入後10年以上を経過した機器につきましては、装置のリプレースを推奨させていただいております。
そのままご使用を継続されますと、装置の電源に使用している電解コンデンサ(有寿命品)の劣化破損による発煙や、装置内部のホコリによる絶縁不良から発煙・発火事故につながる恐れがあります。
以上の理由により、対象装置の保守作業は、装置のリプレースまでの応急作業とさせていただきます。
また、本保守作業は、経年劣化による発煙・発火事故のリスク低減を保証するものではないことを、ご了解いただきますようご案内申し上げます。

最新の機種につきましては、以下ページにてご確認ください。

安全点検のご案内

お客様の大切な装置も、長い間使用し続けていると、経年劣化等により発煙や漏電・異臭・水漏れ等を引き起こす恐れがあります。
「消費生活用製品安全法」では、「長期使用製品安全点検・表示制度」が2009年4月より開始されています。
弊社がご提供している製品は、上記制度の対象ではありませんが、部品の経年劣化は電気機器類共通の課題です。
経年劣化によって事故が発生しやすい状況になっていないかを確認する安全点検の実施をご案内いたします。

  • *安全点検は、点検後安全に使えるということを保証するものではありません。

安全点検の流れ

安全点検の流れ

主な安全点検項目

  • 電源・配管・排気設備等の異常確認
  • 各部の変色・腐食の有無
  • 端子台・コネクタ類の接触状況確認
  • 内部清掃
  • その他、機種毎に固有の安全点検項目
  • *具体的な安全点検項目は、機種によって異なります。