ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクマテリアルズ

金型の適切な管理は出来ていますか?

■2016年12月に下請法の運用基準が改正されました。

  • 禁止事項の追加:「量産終了後(一定期間経過後)の型の無償保管要請」が明記されました。

■2017年7月に経産省主導による「型」のアクションプランが公示されました。

  • 部品単位での量産継続の判定(2018/3末迄)→不要な「型」の廃棄(2019/3末迄)

サービス概要

提供中のサービス

導入検討中のサービス

■システム内での書類管理機能

-必要書類の即時検索-

  • 借用書、契約書、写真等をWEBシステムに保存 → 本システムによる金型管理の一元化を推進

■実査棚卸の効率化

-QRコード、RFID (redio frequency identification) タグ活用-

  • お客様のご要望によりQRコード、RFIDの活用による実査棚卸業務の導入も検討致します。

お問合せ先

金型管理サービスに関するお問合せ・ご相談窓口
サービス事業推進部
担当:柳、中島