ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクネクサス

chemNEXTについて

当社の含有化学物質管理サービス「サービス名称は【chemNEXT】といいます。」をご利用頂き誠にありがとうございます。
当社では、2021年新たなサービス事業としてchemNEXTをスタート致しました。
当社は、近年市場要請が高まっているREACH規則などの環境法規制に対応しエンドユーザーからサプライヤに要求されるRoHS規制対象物質の調査や保証書の要請に対応し、ユーザーの煩雑な含有化学物質の管理業務をサポートできないか検討して参りました。
このchemNEXTは、chemSHERPA(成形品)データの進捗管理およびデータ保管・履歴をクラウドサーバー上で一元管理することでサプライヤの効率化を図るクラウドソフトのご提供サービスです。

ログインはこちらから
(契約者専用ページ)

※新規申込みを希望の方は、
こちらから問合せ下さい。

 

chemNEXTとは

 

関連記事

(株)日立ハイテク 社会課題解決のストーリー
~より健康な地球へ、有害物質の少ない製品づくりをデータ管理で支援~
詳細はこちら>

 

chemNEXTとは

サービスの特徴

chemNEXTの概要

概要:サプライヤのデータ保管・進捗管理を支援するツールとしてクラウドシステムの提供
価値提案:サプライヤ工数の削減をサポート

chemNEXTの概要

新規ご契約手続きの流れ

新規ご契約手続きの流れ

お申込み手続きは①から③までとなります。

更新のご契約手続きについて

  1. 更新手続きのお客様は、ご契約者様専用ページから行っていただきます。
  2. 更新の都度、②以降について内容のご確認を行っていただきますのでご了承下さい。
    ご不明な点はchemNEXTホームページのお問合せからお願いします。(chemNEXT専用問合せ)

お支払い手続きについて

  1. 当社ではchemNEXTをご利用されるお客様につきまして、マネーフォワードケッサイ株式会社が運営する請求代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」を利用する場合もありますのでご了承下さい。
  2. マネーフォワードケッサイ株式会社指定の口座へお支払い(振込手数料はお客様ご負担)

chemSHERPAとchemNEXTの機能比較

chemSHERPAとchemNEXTの機能比較は以下の通りです。

chemNEXTの概要

chemSHERPAとは

chemSHERPAとは、製品に含有される化学物質を適正に管理し、川上から川下までのサプライチェーンにおける製品含有化学物質の情報伝達の共通スキームです。
chemSHERPAは、経済産業省主導で2015年10月にリリースされたデータ作成支援ツールの名称です。
2016年4月よりアーティクルマネジメント推進協議会(JAMP:Joint Article Management Promotion-consortium)により運営されています。
chemSHERPAに関する操作方法等の確認およびchemSHERPAに関する問合せはアーティクルマネジメント推進協議会ホームページをご覧ください。

  1. アーティクルマネジメント推進協議会のトップページはこちらからとなります。(外部サイトに移動します)
  2. chemSHERPAの操作方法などに関する問い合わせはこちらから確認できます。(外部サイトに移動します)
*
  • 当社chemNEXTの操作等のご質問は、アーティクルマネジメント推進協議会様では受付けておりません。chemNEXTに関する問合せはこちらからお願いします。

日立ハイテクグループの関連事業

~(株)日立ハイテクサイエンス 受託分析サービス~
RoHS1、RoHS2、改正TSCA(PIP3:1)等お客様の各種環境規制物質分析におけるコスト削減に貢献
詳細はこちら>