ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

下記のとおりWebセミナーを開催いたします。
ご多忙のこととは存じますが、ぜひこの機会にご参加くださいますようお願い申し上げます。

開催概要

日時 2021年6月22日(火) 14:00~15:30 (入室開始 13:50~)
形式 Webセミナー(Cisco Webexによるオンラインセミナー)
テーマ 品質安定化・省人化を実現!インライン粘度計/濃度計 導入事例をご紹介!
『日立ハイテク インライン分析計ウェビナー』
参加費 無料
対象

製造部門、生産技術部門、電気計装・保全部門、工務部門、プロセスエンジニアリング部門等で、インライン分析計、工業用計測機器に関わる業務に従事されている方


<このような方におすすめ>

  • 泡・微粒子等の外乱の影響を受けずに安定して液体の濃度を連続測定したい。
  • 既存の製造設備において、必要とする性能及び寸法を満たすインライン粘度計を探している。
  • 伝送器の水素透過トラブルを回避する事例が知りたい。
主催 株式会社日立ハイテクソリューションズ
協力 ハイドラモーション・ジャパン株式会社

参加方法

お申し込み

以下のフォームよりお申し込みください。

また、本講演についてのご質問やご要望などございましたら、お申し込みフォームにご記入をお願いします。



  • お申し込みフォーム :締め切り 2021年6月18日(金) 17:30まで


  • *競合会社さまのご参加はお断りさせていただく場合がございます。

     あらかじめご了承ください。

Webセミナー
視聴方法
お申し込みフォームにてご登録完了後、開催前日までにご登録のメールアドレス宛に、当セミナーの事務局よりご案内のメールを配信いたします。

プログラム

14:00~14:30 外乱の影響を受けない安定した濃度測定により品質向上・ランニングコスト削減を実現!
Vaisala社製K-PATENTSプロセス屈折率計のご紹介

講演者:
株式会社日立ハイテクソリューションズ
OTソリューション統括本部 事業本部 事業企画部
フィールドエンジニアリンググループ
夏井 敬史

Vaisala社製K-PATENTSプロセス屈折率計は、泡・微粒子等の外乱影響を受けず、安定して液体濃度を連続測定するプロセス機器です。
本講演では、製品の特長ならびにお客様の課題解決例を中心にご紹介します。
14:30~15:00 プロセス粘度計測の重要性に伴う粘度計のカスタマイズ化の要望

講演者:
ハイドラモーション・ジャパン株式会社
代表取締役社長
岩根 登実男

素材製品等の製造プロセスにおいて粘度計測は品質管理上非常に重要なファクターです。
既存の製造設備を使用する場合、ユーザー様が必要とする粘度計を入手するのは仕様、性能及び寸法により現実的に非常に難しいといわれています。
本講演では、ユーザー様の困難な要求仕様を満足し、既存の製造設備に柔軟に対応したHydramotion社製粘度計の活用事例を中心にご紹介します。
15:00~15:30 伝送器の指示不良の多くは水素透過が原因です。
日立の水素透過対策伝送器は多くのユーザーから高い評価を得ています。

水素透過対策伝送器を中心とした伝送器の事例紹介

講演者:
株式会社日立ハイテクソリューションズ
OTソリューション統括本部 事業本部
プロダクツ事業ユニット 工業計器グループ
グループ長 市川 真二

長年、伝送器ユーザーを悩ませている水素透過。
日立伝送器の水素透過対策は、金メッキダイアフラムと水素吸蔵合金内蔵仕様で伝送器の長寿命化を実現しています。
本講演では、日立の水素透過対策の特長、社内試験による阻止効果や実際に日立伝送器を採用いただいたお客様の導入効果などをご紹介します。
*当日の進行状況により、開始時間が変更となる場合がございます。
*内容が一部変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。