Hitachi

  • ※1 CMS:CISCO社が2016年6月に取り扱いを開始したMCU(多地点接続装置)。元Acano社製(2015年から当社が代理店契約。当時は日本で唯一の代理店。)
  • ※2 出典:2017年3月末時点シスコシステムズ合同会社調べ。
  • ※3 MCU:Multipoint Control Unit(多地点接続装置)。ビデオ会議で多地点(3地点以上)をつないだ会議をする場合に必要な装置。

CISCOのMCUリプレースが
必要な理由

CISCO MCUが
「2017年5月」に販売終了します

販売終了以降は、毎年保守費用がアップしていきます。

CISCO

今後はCISCO CMSが、CISCO製品では主軸のMCUになります。
CISCO MCUをご利用中のお客さまは、
CISCO CMSへのリプレースをお早めににご検討ください。

CISCO CMS 採用のメリット

映像/音声の
品質向上
多地点での
同時利用可能数の拡大
マルチデバイス
対応
Skype for Business
対応
拠点追加費用の
低減
会議システム
全体保守料の圧縮

さまざまなアプリケーションから繋がる・さまざまなデバイスから繋がるさまざまなアプリケーションから繋がる・さまざまなデバイスから繋がる

接続イメージ/さまざまなアプリケーション・デバイス(H.323/SIPビデオ会議端末、IP電話端末、Webブラウザ、専用アプリケーション、Skype for Business、Office365)を使用してコミュニケーションが可能です接続イメージ/さまざまなアプリケーション・デバイス(H.323/SIPビデオ会議端末、IP電話端末、Webブラウザ、専用アプリケーション、Skype for Business、Office365)を使用してコミュニケーションが可能です

使用シーン/さまざまな場所(オフィス自席のSkype for Businessから、出張先のOffice365から、在宅勤務の専用アプリケーションから、取引先のWebブラウザから、中・小会議室の社内ビデオ会議から、大会議室の社内ビデオ会議から)からコミュニケーションが可能です使用シーン/さまざまな場所(オフィス自席のSkype for Businessから、出張先のOffice365から、在宅勤務の専用アプリケーションから、取引先のWebブラウザから、中・小会議室の社内ビデオ会議から、大会議室の社内ビデオ会議から)からコミュニケーションが可能です

日立ハイテクソリューションズの3つの強み

日立ハイテクソリューションズは、長年、CISCOに限らず複数メーカーのMCUを販売してきた実績があります。
MCUが必要な大型案件の構築実績も多数ございます。
お気軽にご相談ください。

CISCO CMS 多数の導入事例

  1. 1. 某損害保険会社:国内100拠点接続
  2. 2. 某サービスプロバイダ:クラウドサービス用途(O365連携要望)
  3. 3. 某総合IT企業:クラウドサービス用途(O365連携要望)
  4. 4. 某製造業:国内20拠点接続
  5. 5. 某国立研究機関:関連・共同研究機関接続用途(Web RTC連携要望)
  6. 6. 某自動車製造業:国内・海外数100拠点接続用途(O365連携要望)             など

接続構成例

某製造業様

日立ハイテクソリューションズの
MCUへの取り組み

  • 1999年 イスラエルAccord Newtorks社製MCU国内総販売代理店となる
  • 2004年 PolycomMCU(MGCシリーズ)の弊社累計販売実績が350台を突破
  • 2005年 Codian社製MCU国内販売代理店となる
  • 2015年 英国Acano社国内販売代理店契約を締結
  • 2016年 CISCO社のAcano買収により製品名がCISCO CMSとなるが引きつづき販売を継続

独自アプリケーション
「EZ会議」による簡単運用

CMS+EZ会議

EZ会議は、実ユーザのリクエストにお応えした、独自開発の多地点ビデオ会議簡易運用ソフトウェアです。多地点会議に専用ソフトを用いることで、以下を実現します。

  • システム管理者の負担を軽減
  • 会議利用者の負担を軽減
  • 利用者の操作性を向上
  • 通信状況を確認

導入前の検証から
導入後の技術支援まで充実のサポート

お客さまのご要望を伺い、綿密な事前調査に基づきシステムのプランニングからご提案、設置保守まで、専任チームが対応いたします。過去の事例から、お客さまニーズに合わせて最適な機器を提案。テレワーク導入支援サポートなども対応いたします。

充実の評価・検証体制

システム導入後の不具合の発生を未然に防ぐために、システム導入前にお客さまと同一の環境を構築し、海外製品を含めた他社製品との接続や製品同士の相性を評価・検証いたします。

全国24時間365日受付でお客さまをサポート

万が一、導入したビデオ会議システムに不具合が発生した場合、お客さまと同一の環境を構築し、不具合を再現することで解決に全力を尽くします。メーカーのR&D部門と直結しているため、スピーディーな対応・回答が可能です。

CISCOのMCUリプレース案件だけではありません。そこで培った高い技術力を生かして、お客さまが抱える多種多様なお悩みに対して、ピッタリな解決策をご提案します。CISCOのMCUリプレース案件だけではありません。そこで培った高い技術力を生かして、お客さまが抱える多種多様なお悩みに対して、ピッタリな解決策をご提案します。

ビデオ会議を長年扱取り扱ってきた実績から、他社にはない、ビデオ会議関連製品・独自ソリューションをご用意しています。ビデオ会議製品だけではなくソリューションも含めた総合提案により、トータルでお任せいただけます。ビデオ会議を長年扱取り扱ってきた実績から、他社にはない、ビデオ会議関連製品・独自ソリューションをご用意しています。ビデオ会議製品だけではなくソリューションも含めた総合提案により、トータルでお任せいただけます。

Offise365/Skype for Business 連携ソリューション

連携ソリューション連携ソリューション

Lync Room System ~Crestron RL2~

Microsoft Lync(Skype for Business)をベースに設計されたユニファイドコミュニケーションシステムです。
『Crestron RL2』を利用すれば、従来の個人端末同士ではなく、会議室の大画面モニターでグループミーティングが可能になります。

Office 365 用 会議室向けシステムパッケージ

弊社ではこれまでに培ったノウハウをもとに、利用シーンに合わせ、最適なAV機器を組み合わせたシステムパッケージをご用意しております。

高性能録画・配信システム

VideoCenterVideoCenter

録画→VideoCenter(ビデオセンター)→配信

VideoCenterは、ビデオ会議を簡易に録画し、配信することで業務をさらに円滑にサポートします。

特長1
ビデオ会議と共有しているPCコンテンツ、両方の録画・再生が可能
特長2
HD画質でライブストリーミング再生、オンデマンド再生が可能
特長3
撮影・閲覧・Web掲載などの操作が可能

ビデオコラボレーション解析・レポートサービス

Vyopta vAnalytics™ サービス/解析/分析(Historical)・モニタリング/アラート(Realtime)・帳票/レポート出力・キャパシティ プランニングVyopta vAnalytics™ サービス/解析/分析(Historical)・モニタリング/アラート(Realtime)・帳票/レポート出力・キャパシティ プランニング

Vyopta

『Vyopta vAnalytics™ サービス』はビデオ会議環境下のさまざまなメーカーのインフラ装置を一元的に管理し現状を把握、適切なリソース配置・増設計画をサポートします。また、リアルタイムのステータスおよび品質のモニタリングを行うことで問題を検知し、問題解決のスピードアップを実現します。ビデオコラボレーションと組み合わせて導入することで、パフォーマンスを向上することができます。

製品ラインナップ

特長ある製品を取り揃えることで、お客さまに合わせたソリューションを実現します。

CISCO

Cisco TelePresence

ビデオ会議・音声会議などをワンストップで提供するユニファイドコミュニケーションシステム

シスコのビデオ会議ソリューション(テレプレゼンス)は、高精細で滑らかな映像とクリアな音声で、臨場感のあるコミュ二ケーションを実現します。またタッチパネルで直観的な操作、スムーズな接続が可能です。他社ソリューションとの相互接続にも対応します。
豊富な製品ラインアップで、さまざまな規模・用途に対応できます。

lifesize

Lifesize Cloud

ユーザー目線で「Simple&Easy」を徹底的に追求した
ビデオコミュニケーションシステム

Lifesize Cloudは、Lifesize社がワールドワイドで展開するパブリッククラウドビデオ会議サービスです。 Icon600をはじめ、パソコン・スマートフォン・タブレットなど マルチデバイスでお使いいただけます。

AVer

AVer

書画カメラメーカーが開発したコストパフォーマンスに優れたビデオ会議システム

USBからの録画機能や PC/スマートフォンからの会議参加機能(EZ Meet up)など、ユニークな機能を備えています。
LyncやSkype for Businessとビデオ会議とのどちらでも使えるハイブリッド型端末としてユニファイドコミュニケーションターミナル「DVC130」などもご用意しております。

導入事例

8,000システム以上の導入実績、100拠点以上の大規模プロジェクト実績が多数ございます。その中の一部をご紹介します。

[運輸]小田急電鉄株式会社 様

お客さまが
抱えていた
課題・要望
  • 電車区・車掌区(※)の増加に伴い、旧来の電話会議システムに代わるものが必要に
  • 路線は、全線120.5km(乗入区間を入れるとおよそ200km)。
    会議などの移動時間・労力を軽減したい
  • より安全性を高めるための危機管理の仕組みを構築したい
  • 全員が簡単、気軽に使用できるシステムを導入したい
ビデオ会議
システム
導入後の効果
  • 無駄な移動がなくなり危機管理力を強化
  • 目視チェックで安全性が向上
  • 視覚での情報共有で職場間のコミュニケーションが円滑化
  • 有効な研修、情報交換がより活発化

VOICE

お客さまの声

前原 一人氏
会議の枠を超えた、コミュニケーションツールです。

経営政策本部 IT推進部:
課長代理 前原 一人氏

LifeSizeには“ビデオ会議”では言い表せないいろいろな使い方、効果があります。コミュニケーションを活性化させる『動画共有システム』のように、名称を変えないともったいない気がしますね。小田急電鉄、そして小田急グループとして、ビデオ会議という枠にとらわれることなく、有効なコミュニケーションを生むツールとして今後も活用していきたいですね。

LifeSizeには“ビデオ会議”では言い表せないいろいろな使い方、効果があります。コミュニケーションを活性化させる『動画共有システム』のように、名称を変えないともったいない気がしますね。小田急電鉄、そして小田急グループとして、ビデオ会議という枠にとらわれることなく、有効なコミュニケーションを生むツールとして今後も活用していきたいですね。

屋代 邦弘氏
各人のアイデア次第で、想像を超えた使い方ができます。

喜多見電車区 区長:
屋代 邦弘氏

点呼時に電車運転士証を確認したり、運転士などの外泊地がある施設のPCにつなげたり、ダイヤグラムを写しだして変更箇所を共有するなど、LifeSizeの可能性は無限大です。部下も独自の発想でさまざまな使い方を編み出していますよ。使い勝手が良いために“使うことに縛られない” LifeSizeは、自ずと「これを活用して、次は何ができるかな?」を考えることのできる環境を提供してくれています。

点呼時に電車運転士証を確認したり、運転士等の外泊地がある施設のPCにつなげたり、ダイヤグラムを写しだして変更箇所を共有するなど、LifeSizeの可能性は無限大です。部下も独自の発想でさまざまな使い方を編み出していますよ。使い勝手が良いために“使うことに縛られない” LifeSizeは、自ずと「これを活用して、次は何ができるかな?」を考えることのできる環境を提供してくれています。

その他数多くの導入事例がございます。
近い業種の事例を用いた提案も可能ですので、お気軽にご相談ください。