ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

仕組み・機能MECHANISM / FUNCTION

ユーザー側の操作は
とてもシンプル

既存化合物や新規デザイン化合物、特徴などを入力すると、
独自のAIプログラムが1億を超える化合物データの中から有望な化合物を探索し、
特性の予測結果や新規構造の提案、関連特許、論文情報などを出力します。

大切な化合物情報を守る
セキュリティー対策と
高性能AI解析インフラ

  • 01 セキュリティー対策

    化合物の検索情報も競争力の源泉となる機密情報であるため、Chemicals Informaticsへの接続はSSL‐VPN通信を採用しています。
    また、クラウドは弊社が長きにわたり、高い信頼性の求められる交通、医療、公共、金融、製造業などのお客さまに提供してきた「ayamo」をご用意しました。

  • 02 高性能GPU搭載

    AIでの化合物探索には膨大な量の計算が求められる=膨大な時間を要することになります。ストレスなくご利用いただくために、業界最高レベルのNVIDIA社のGPU搭載サーバーをお客さまごとにご用意します。

  • 03 新規化合物AI

    Chemicals Informaticsの化合物データベースには独自プログラムの新規化合物生成AIが生成した新規構造の化合物が収録されています。
    探索結果にAIが生成した新規化合物が含まれ、研究にお役立ていただける可能性がございます。

※1「nvidia」は米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標または登録商標です。

※2「ayamo」は日本国内における日立ハイテクソリューションズの登録商標です。

  • 資料ダウンロードDOWNLOAD

    Chemicals Informaticsの
    製品資料をダウンロード
    いただけます。

  • お問い合わせCONTACT

    導入前のご相談・ご質問など
    お気軽にお問い合わせください。

お使いの環境によって資料ダウンロード・お問い合わせページがエラーとなる場合がございます。その際はお手数ですがこちらのお問い合わせフォームよりご請求ください。