Hitachi

よくある質問
FAQ

awinaのイメージ
AIモデラーではどのような形式のデータを扱えますか?
現在は、1つのAIモデル作成に、 CSV形式のファイルを1つ扱うことが可能です。
AIモデルを作成するためのデータ量に制限はありますか?
現在は、1つのAIモデル作成に、UI版では500MB、SDK版では2GBまでのデータを投入可能です。
機械学習に関する新しい知見は、随時製品に取り込まれますか?
クラウド環境をご利用の場合は随時アップデートし、最新の知見を製品に反映します。オンプレミス環境をご利用の場合は、バージョンアップ用のインストーラーを送付いたします。
※バージョンアップは当社およびSparkCogniton社のバージョンアップポリシーに従い実施します。
AIモデラーで作成したAIモデルは、どのような方法で活用できますか?
4つの方法で活用することが可能です。
  1. AIモデラー上で予測したいデータを都度手動でアップロードして活用
  2. Pythonコードで呼び出し可能な形式のAIモデルをダウンロードし、お客さまのアプリケーションに組み込んで活用
  3. お客さまのアプリケーションからAIモデラーのAPIを呼び出して活用
  4. ニューラルネットワークのモデルであれば、ONNXと呼ばれるオープンソースのフォーマットでダウンロードし、対応する他のAIフレームワーク上で活用可能
AIモデラーを試したいです
無償のトライアルでは、あらかじめ登録されたデモ用データにてUI版のすべての機能が扱えます。実際のデータにて精度やスピードを確認されたい場合は、有償のPoC環境を2週間からご提供しています。
AIモデラーは、さまざまな業界の
さまざまなシーンでご活用いただけます。導入までの流れ
  • お問い合わせ
    「費用が知りたい」「どんなことができるのか?」など、導入前のご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
  • トライアル申込み
    データサイエンスの加速化を体験しませんか?お申し込み後すぐにご利用いただけます。
  • 資料請求
    本製品の紹介や機械学習自動化についてのノウハウが詰まった各種資料をご用意しております。