ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

日立ハイテクグループで実施している、生物多様性保全の取り組みをご紹介いたします。

日立ハイテクグループの取り組み

画像:日立ハイテクやさとの森(茨城)

育林活動

  • 日立ハイテクやさとの森(茨城)
  • 林野庁の「法人の森林」制度を利用し、茨城県石岡市に約2.3haの国有林を借り受けています。その国有林を「日立ハイテクやさとの森」と命名し、2005年から60年間にわたる育林活動に取り組んでいます。

画像:高尾の森自然学校(東京)

森林整備活動と自然観察

  • 高尾の森自然学校(東京)New!
  • 東京近郊での活動拠点としてセブン-イレブン記念財団が運営する「高尾の森自然学校」の森林整備エリアの一角を借用し、日立ハイテクグループの生物多様性保全活動を行っています。

画像:日立ハイテクサイエンスの森(静岡)

拠点内の自然再生活動

  • 日立ハイテクサイエンスの森(静岡)
  • 日立ハイテクサイエンス富士小山事業所(静岡県駿東郡)では、約 44,000m2にも及ぶ樹林を「日立ハイテクサイエンスの森」と名づけ、多くの種が共存する豊かな自然環境へと再生することを目標に活動を続けています。

画像:日立ハイテク笠戸地区の活動(山口)

拠点内・近隣地域の環境保全活動

画像:日立ハイテクフィールディング常陸の森(茨城)・いなべの森(三重)

育林活動

画像:

拠点内・近隣地域の環境保全活動

画像:

拠点内・近隣地域の環境保全活動