ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

基本的な考え方

 日立ハイテクグループは、持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえたマテリアリティ(重要課題)である「持続可能な地球環境への貢献」を経営の最優先課題の一つとし、 事業活動を通して環境保全活動に努め、環境価値創造企業をめざす。

方針

日立ハイテク本社・国内支店及び対象グループ会社(以下、販売系グループという)は、ハイテク・ソリューション事業をグローバルに展開している企業グループとして、最先端技術の絶え間ない追及と法令の順守、環境汚染の予防を行い、社会的責任を果たすとともに「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の実現に向け、積極的に取り組みます。

テーマ:「地球に優しい販売活動を推進し、人と社会の豊かな未来に貢献する。」

環境活動項目

  1. 環境関連法規制の順守
    環境保全に関する法規、ならびにその他販売系グループの合意した事項を順守し、汚染の予防に努める。
  2. 環境貢献型ビジネスの推進
    環境保全に役立つ、あるいは、環境負荷の低減、再資源化、有害物質の不使用等に配慮した部品、材料及び製品、システム、サービス等の環境貢献型ビジネスを開発、育成、推進する。
  3. 事業における環境保全活動の推進
    事業での環境保全活動として、「省資源・省エネルギー」ならびに「資源のリサイクル、廃棄物の適正な管理」等の活動を継続的に推進する。また、環境に配慮した製品の購入に努める。
  4. 環境意識の高い人財の育成
    環境マネジメントシステムを構築・運用・維持し、継続的な改善を図ると共に、環境教育・啓発活動を通じ、環境意識の高い人財を育成し、環境保全活動の向上を図る。
  5. ステークホルダーとの共創
    顧客、投資家、行政等のステークホルダーとの環境コミュニケーションを推進するとともに、販売系グループの環境保全活動に係る情報を積極的に開示する。また、地球市民として、生物多様性の保全を含む環境社会貢献活動に取り組む。

この環境方針は、販売系グループ全社員に周知する。
環境方針は、社外にも開示する。

2022 年 4 月 1 日
株式会社日立ハイテク
専務執行役員 谷口 昌弘