ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

日立ハイテクファインシステムズは、企業ビジョンである「ハイテクプロセスをシンプルに」に基づき、最先端分野でお客様の飛躍と成長をお手伝いするため、社会インフラ関連装置、産業インフラ関連装置の開発・設計・製造・販売・保守サービスにおいて、「見る・測る・分析する」+「自動化・制御」のコア技術による製品・サービスの提供を行う。

 その事業活動を通して、法令順守と共に環境と調和した持続可能な循環型社会と自然共生の実現に向け、環境負荷低減と社会貢献活動に取組む。

1.環境テーマ

製品・サービスを通じて環境と調和した持続可能な社会を実現
~ 『かけがえのない地球』みんなで守り続けよう ~

2. 環境活動項目

  • (1) 環境関連法規等の順守
    当社の活動、製品及びサービスの環境側面がかかわる環境法規制、自主基準、当社が受け入れたその他の要求事項を順守する。
  • (2) 環境貢献ビジネスの推進
    環境保全に役立つ製品を開発することにより、安全で革新的なソリューションを提供して社会に貢献するよう努める。
  • (3) 環境に配慮した製品づくり・生産活動の推進
    • ①製品の開発・設計段階からエコデザインを適用し、生産、使用、廃棄の全ライフサイクルの環境負荷低減を推進する。
    • ②省エネルギー設備の導入、製品通電時間の短縮、業務改革の推進等での電力エネルギー使用効率向上およびグリーン電力購入により、CO2排出量を削減する。
    • ③リデュース・リユース・リサイクル (3R) を推進して、廃棄物を削減する。
  • (4) 環境マネジメントシステムの継続的改善の推進
    環境マネジメントシステムを運用、維持し、当社で働く全従業員あげて継続的改善を図るとともに環境課題を解決していく。また環境方針、環境目的及び目標を定期的に見直し、環境汚染の予防と環境負荷低減に努める。
  • (5) ステークホルダーとの共創
    ステークホルダーとの相互理解と信頼関係の強化をはかるため環境情報開示と環境コミュニケーションに努める。また環境社会貢献活動を通じて生物多様性の保全に努める。

当社の環境目的達成のため、この環境方針を当社内に勤務する関連会社・協力会社を含む全従業員に小冊子等により周知する。また、環境方針はステークホルダーに開示する。

2019年4月1日
(株)日立ハイテクファインシステムズ
取締役社長
本田 穣慈