ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

基本的な考え方・めざす姿

科学や産業の発展には、それを支える高度な技術が不可欠です。当社グループは、「計測・分析技術」「自動化・制御技術」「モノづくり力」を最大限に活用・高度化することで、研究開発や生産現場の生産性向上、製品の品質向上を支え、科学と産業の持続的な発展に貢献します。また、自社製品を活用した社会貢献活動の実施により、次世代人財の育成にも貢献します。

活動目標

1. 科学技術の発展

高精度な観察・分析が可能な電子顕微鏡の開発・提供により、材料・デバイス工学分野や科学理論の検証・研究の発展に貢献します。また、卓上電子顕微鏡を活用した理科教育支援活動を通じて、子どもたちの科学技術への興味関心を喚起し、「理科離れ」という社会課題の解決と科学技術の発展に貢献します。

具体的活動

「理科離れ」の解決および将来のサイエンティスト育成と科学技術発展への貢献

2. 生産現場の高効率化

AIやIoT技術を活用したデジタルソリューションおよび分析評価サービス等の提供により、モノづくり企業の生産現場を省力化・効率化し、生産性向上に貢献します。

具体的活動

最先端のデジタルエンジニアリング技術を活用したソリューションの提供:
モノづくり企業の業務プロセス改革を実現

3. 生産技術のグローバル展開

専門商社として培ってきた海外ビジネスの豊富な経験とIoT技術を活かし、日本のモノづくり企業の海外生産を支援することで、生産技術の現地展開およびグローバル展開に貢献します。

具体的活動

最先端のIoT技術と海外ビジネスの豊富な経験を活かし、日本のモノづくり企業の海外生産を支援することで、生産技術の現地展開に貢献

活動計画

活動計画表