ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

基本的な考え方・めざす姿

「健康で安全、安心な暮らし」は人類共通の願いです。当社グループは、これまで培った「見る・測る・分析する」(計測・分析技術)をさらに究めることで、医療、水・食品、社会インフラの3分野を中心に、人々が健康で豊かな生活を送り続けることができる未来に貢献します。

活動目標

1. 予防医療へのアクセス拡大

高効率な診断を可能にする検査装置等の開発・提供により、検査時間の短縮、受診者の増加や検査料の低減に貢献します。また、医用分析装置や遺伝子検査装置等の開発・提供により、高まる個別化医療ニーズへ対応し、予防医療推進や医療費抑制に貢献します。

2. 水・食品の安全性確保

専用市場に特化した検査装置の開発・提供により、水・食物・人体等への有害物質蓄積防止に貢献します。また、上下水道設備におけるろ過水や排水の計測装置を提供することで、安全な水を供給し、人々の安全な暮らしをサポートします。

具体的活動

水、食物、人体への有害物質を検出する装置の製造と販売

3. 社会インフラの安全性確保

道路、トンネル、鉄道、空港等の建造物に対する非破壊高速診断および予兆診断を実現することで、社会インフラの安全性確保に貢献し、人々の安全な暮らしをサポートします。

具体的活動

  1. 火薬・有害ガス等の危険物を検出する装置の製造と販売
  2. 通信インフラの基盤となる光通信用部材の販売

活動計画

活動計画表

2020年度取り組み実績

1. 予防医療へのアクセス拡大

検査業務の効率化・迅速化を支える製品・サービスの提供により、検査可能人数の拡大に貢献

  • 2016年から販売を継続している大型免疫分析装置に加え、新しい検査装置を市場投入することで、病院や検査機関等における迅速検査の実現に貢献しています。2020年度は、中小規模の病院でも設置が可能な、中型の検査装置を開発したことで、さらに検査を受けていただける機会を拡充しました。
  • 免疫分析装置は、新型コロナウイルスの抗体検出・抗原検出に対応しており、新型コロナウイルス感染症拡大防止にも貢献しています。
  • 生化学・免疫・血液凝固検査用複合装置の納入により、病院の業務効率の改善に寄与することで、検査可能人数の拡大に貢献しています。
  • 藤田学園内に研究拠点を設置し、医療現場における技術・装置・業務効率などの課題の解決につながる研究を連携して推進しています。臨床検査の高度化・効率化を実現し、高品質な検査データに基づく安全・安心な医療の提供と、医療従事者の検査業務における負担軽減をめざしています。

写真:病院や検査機関等で使われている臨床検査用装置写真:病院や検査機関等で使われている臨床検査用装置

病院や検査機関等で使われている臨床検査用装置

2. 水・食品の安全性確保

分析装置・検査装置の開発・提供や、管理業務をサポートするシステムにより、土壌・水・人体等への有害物質蓄積防止に貢献

  • RoHS指令※1対応の検査装置は、製品検査や材料受入検査で各国法令で規制されている物質を検知することで、健康被害を及ぼす物質の拡散防止に寄与しています。また電気・電子機器、システムの環境対応(IEC/TC 111)への活動を通じて、国際標準に適合したソリューションを提供することにより、健全なグローバル市場の発展を支え、社会課題を解決するイノベーションの実現に貢献しています。
  • 年々改訂されるRoHS指令、REACH規則※2などの環境法規制に基づき、最終製品メーカーからサプライヤーに要求される規制対象物質の調査や保証書の要請に対応し、煩雑な含有化学物質の管理業務をサポートするシステム、「chemNEXT」を2020年度にリリースしました。chemNEXTは、 JAMP(アーティクルマネジメント推進協議会)が運用しているchemSHERPA※3データの作成から提出までの進捗管理およびデータ保管・履歴を、クラウドサーバー上で一元管理することで、サプライヤーの業務効率化を図り、健康被害を及ぼす物質の拡散防止に寄与します。
  • ※1 電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州連合(EU)による指令。
  • ※2 欧州における化学物質管理に関する法規制で、Registration(登録)、Evaluation(評価)、Authorisation(認可)、Restriction(制限)の義務が課される。
  • ※3 製品に含まれる化学物質の情報をサプライチェーン全体で適正に管理し、確実かつ効率的に伝達する目的でつくられた、サプライチェーン全体で利用可能な共通スキーム。

写真:改正RoHS指令対象物質を検出する検査装置
RoHS指令対象物質を検出する検査装置

3. 社会インフラの安全性確保

危険物検出性能の高い検出装置の提供により、安全な社会インフラの維持に寄与

  • 重要インフラ設備や空港、イベント会場などにおけるセキュリティ対策として、危険物を検知する検出装置を開発・提供しています。今後は分析性能の向上とともに、さらに高い危険物検出精度を実現し、また社会のニーズに合う検出装置を開発し、より安全・安心な社会の実現に貢献していきます。

高速・長距離伝送機器に使用される光通信用部材の販売を通じ、通信インフラの発展と安定性向上に貢献

  • 当社が販売する光通信用部材が、次世代通信インフラ基盤を支える高速・長距離伝送機器や、大規模データセンターで使われる通信機器に使用されています。これにより高速、高画質の動画伝送環境を提供するほか、大規模災害時での通信インフラや、在宅勤務に必要なクラウド環境の構築に貢献し、人々の快適な暮らしを支えています。

高速・長距離伝送機器や、大規模データセンターで使われる通信機器に使用されている光通信用部材
高速・長距離伝送機器や、大規模データセンターで使われる通信機器に使用されている光通信用部材