ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

基本的な考え方・めざす姿

健全な経営基盤の確立は、企業の持続的成長に不可欠です。当社グループは、長期的に企業価値を向上させていくために、コーポレートガバナンスの実効性向上に努め、社会から信頼され、必要とされ続ける企業をめざします。

活動目標

1. 健全なガバナンスの実現

取締役会の実効性向上や内部統制の強化・充実等により、コーポレートガバナンスの実効性向上に努めます。また、コンプライアンスに関するリスクの予防措置や教育等の施策を実施し、法令遵守と風通しの良い企業文化の醸成を図ることで、持続的成長と社会からの信頼性の向上に努めます。

具体的活動

グループ会社取締役会の実効性向上およびグループ全体の規則体系見直しによるコーポレートガバナンス向上

2. 製品安全性の確保

お客様に安全と安心を提供することは企業の社会的責任であり、当社グループは、製品に関わる法令遵守と製品事故の撲滅に取り組むことで、安全性の高い製品を提供し、競争力の強化と社会からの信頼性向上に努めます。

具体的活動

製品安全の深化活動による安全第一の徹底

  1. S>>Q>D>Cの履行*
  2. 製品安全事故リスク・製品に関わる法令違反リスクの摘出と排除の推進
  • * S:Safety、Q:Quality、D:Delivery、C:Cost

3. CSRサプライチェーンの実現

当社グループはもとより、パートナーやサプライチェーン全体に対して、企業の社会的責任を強く意識した事業運営を促すことで、サプライチェーン上の環境・人権等のリスク低減を図ります。

具体的活動

  1. 継続取引先に対する説明会開催(2回/年)
  2. チェックシートによる新規取引先自己監査実施

活動計画

活動計画表