ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

温室効果ガス

日立ハイテクグループでは、気候変動リスク対応として、事業拠点におけるエネルギー起因CO2排出(Scope1・2)および自拠点以外からのCO2排出(Scope3)を合わせたバリューチェーンCO2排出量削減に取り組んでいます。

第三者保証について

本レポートの信頼性向上のため、 を付している2019年度実績について、ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社による、国際保証業務基準(ISAE)3000およびISO14064-3に準拠した第三者の保証を受けています。

バリューチェーンにおける温室効果ガス排出量

バリューチェーンにおける温室効果ガス排出量
Scope カテゴリ 排出量(t-CO2)*1
2018年度実績 2019年度実績
Scope1 *2 *5 7,120 6,741
Scope2 *3 *5
マーケット基準
52,902 47,182
< 50,783 >
Scope3 *4 *6 1.購入した物品・サービス 1,479,193 1,418,395
2.資本財 49,026 86,412
3.Scope1、2に含まれない燃料およびエネルギー*7 (対象外) 11,951
4.上流の輸送・流通 9,098 5,934
5.事業から発生する廃棄物 880 1,059
6.出張 7,598 1,385
7.従業員の通勤 6,180 6,179
8.上流のリース資産 (Scope1,2に含む)*8 (Scope1,2に含む)
9.下流の輸送・流通 (非該当)*9 (非該当)
10.販売した製品の加工 (非該当)*9 (非該当)
11.販売した製品の使用 688,133 829,133
12.販売した製品の廃棄処理 460 535
13.下流のリース資産*10 (カテゴリ11に含む) (カテゴリ11に含む)
14.フランチャイズ (非該当)*9 (非該当)
15.投資 (非該当)*9 (非該当)
Scope 3 合計 2,240,568 2,360,982
Scope1+ Scope2 合計 60,023 53,923
< 57,524 >
Scope1 + Scope2 + Scope3 合計 2,300,590 2,414,905
< 2,418,506 >
*1
表示桁数の都合により各項目の合算値と合計欄の数値が相違する場合があります
*2
事業者自らによる温室効果ガスの直接排出。非エネルギー起因の温室効果ガスを含む
*3
他社から供給された電気、熱の使用に伴う間接排出であり、マーケット基準にて算出。<>内数値はロケーション基準での算出値
*4
Scope1,2以外の間接排出
*5
Scope1,2対象範囲:日立ハイテクグループ(海外現地法人2法人を除く)
*6
Scope3 対象範囲:日立ハイテク、国内グループ会社および日立儀器(蘇州)有限公司、日立儀器(大連)有限公司、HITACHI HIGH-TECH ANALYTICAL SCIENCE(ドイツ・フィンランド・中国)
*7
カテゴリ3「Scope1、2に含まれない燃料およびエネルギー」を2019年度から算出開始
*8
カテゴリ8「上流のリース資産」はScope1のみでなくScope2にも含まれていると認識を改め、2018年度の表記と合わせ変更
*9
カテゴリ9「下流の輸送や流通」カテゴリ10「販売した製品の加工」カテゴリ14「フランチャイズ」カテゴリ15「投資」については、当社グループの事業活動に関連性がないため「非該当」とし、2018年度の表記も合わせて変更
*10
カテゴリ13「下流のリース資産」は「カテゴリ11に含む」と表記を変更

マテリアルバランス

日立ハイテクグループの事業活動における資源投入量と環境負荷排出量は以下のとおりです。

資源投入量と環境負荷排出量

図:資源投入量と環境負荷排出量

  • * 対象範囲は下記の日立ハイテク国内拠点および国内グループ会社です。ただし、日立グループの事業所内にある一部の拠点は除きます
    エネルギー・温室効果ガス:日立ハイテクおよび製造系グループ会社、販売系グループ会社、サービス系グループ会社
    水資源:日立ハイテク(本社、製造拠点)および製造系グループ会社、販売系グループ会社(日立ハイテクネクサス本社、日立ハイテクサポート本社、日立ハイテクサイエンス本社)、サービス系グループ会社(本社、北海道/東北地区、関東/甲信越地区、中部/北陸地区、西日本支社、中国地区、九州支店)
    廃棄物:日立ハイテク(本社、製造拠点)および製造系グループ会社、販売系グループ会社(日立ハイテクネクサス本社、日立ハイテクサポート本社、日立ハイテクサイエンス本社)、サービス系グループ会社
  • * 原材料投入量は外部から購入した原料および材料の量とし部品・半製品・製品は含みません
  • * 地球温暖化対策の推進に関する法律に基づく非エネルギー起因CO2・CH4・N2O の排出はありません

原材料投入量(金属のみ)

原材料投入量のグラフ

  • * 対象範囲:日立ハイテク製造拠点および国内製造系グループ会社

原材料投入量の内訳

(t)

原材料投入量の内訳
原材料投入量 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
鉄(鋼板含む) 171.4 175.0 327.0 302.0 240.0
ステンレス 517.4 619.2 790.1 600 469.0
アルミニウム 1,272.0 1,819.5 1,724.9 1,321 1,191.0
165.4 129.0 76.0 69.0 68.0
0.0 0.0 1.0 1.0 1.0
合計 2,126.2 2,742.7 2,919.0 2,293.0 1,969.0