ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

社会背景

子どもたちが理科に興味をもつ機会が少なく、理系の人財が育ちにくいということは、先進国における共通の社会課題です。児童・学生の「理科離れ」は、企業にとっては研究開発を担う人財の獲得難や企業競争力の低下につながり、社会にとっては科学技術の発展の遅れにつながる課題です。国際社会共通の課題であるSDGs「4.質の高い教育をみんなに」では、すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進することが求められています。

理科教育の振興支援活動の狙い

「ハイテク・ソリューションによる価値創造」を基本理念とし、サイエンス・技術を事業基盤とする当社グループでは、理化学機器をはじめとした当社の「技術」、「製品」を活用し、理科教育の振興支援を行い、人財育成と社会の発展に貢献していきます。

取り組み

1. 電子顕微鏡を通じて子ども向けの理科教育活動を支援

日立ハイテクグループは自社製品である卓上電子顕微鏡を活用した理科教育支援活動を行っています。身近な物をミクロのスケールで見る体験を通じて、子どもたちの科学技術への興味関心を喚起し、「理科離れ」という教育現場の課題解決に寄与することを目的としており、小・中学校への出前授業や科学館・企画展などへの展示など、様々な学習イベントに協力しています。

本活動は国内外のグループ会社でも展開しています。日立ハイテクフィールディングでは2001年より子どもたちに自然の大切さを伝え、自然界の神秘・科学技術の素晴らしさを体験・学習してもらうために、地元小学校への支援プログラムを継続しています。
また、日立ハイテクサポートは、特別支援学校向けの理科教育支援活動に取り組んでおり、2018年度は東京都立永福学園、都立水元小合学園、茨城県立水戸高等特別支援学校で出前授業を実施しました。授業後半では同社に就業した卒業生から現在の業務内容説明や、受講証書の授与式を行い生徒たちとの交流を図っています。

海外においては、日立ハイテクノロジーズアメリカ会社が北米、南米、オーストラリアで販売代理店と連携し、活動内容の充実を図っています。また、アジア・ASEAN地域の各グループ会社も中国(上海、大連、蘇州)、韓国、台湾、タイの現地日本人学校で出前授業を行ったほか、ナショナルスタッフによる現地学校に向けた出前授業も実施しました。このほか、2018年度は「ロシアにおける日本年」のイベントとして、モスクワにおいて日露の中学生の国際交流を図る理科イベントを実施しました。
今後も各地域における活動の定着化に向け、さまざまな関連団体との協力関係を構築するとともに、戦略的にプログラムを実施することで、科学研究を担う次世代人財育成に貢献していきます。

写真:日立ハイテクダイアグのスティクス会社社員による中学科学技術館での出前授業
海外グループ会社社員による中国科学技術館での出前授業

写真:「ロシアにおける日本年」のイベント
「ロシアにおける日本年」のイベント

2.ラジオ公開録音イベント「ネクストサイエンスジャム」

子どもたちの「科学する心を育む」プロジェクトとして実施している「ネクストサイエンスジャム」は、科学実験とラジオの公開録音を一体にした、科学のおもしろさを体験できるイベントです。
科学に関する専門家を招いたトークショーや、電子顕微鏡など日立ハイテクの製品を使った体験講座、文部科学省指定校のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の高校生による発表など、子どもたちが科学に興味を持つきっかけとなるようなプログラムを実施しています。
イベントの様子は特別ラジオ番組として放送し、より多くの子どもたちに科学の魅力を伝えています。