ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

社会背景

子どもたちが理科に興味を持つ機会が少なく理系の人財が育ちにくいということは、先進国における共通の社会課題です。児童・学生の「理科離れ」は、企業にとっては研究開発を担う人財の獲得難や企業競争力の低下につながり、社会にとっては科学技術の発展の後れにつながる課題です。国際社会共通の課題であるSDGs「4.質の高い教育をみんなに」では、すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進することが求められています。

理科教育の振興支援活動の狙い

「ハイテク・ソリューションによる価値創造」を基本理念とし、サイエンス・技術を事業基盤とする当社グループでは、理化学機器をはじめとした当社の「技術」「製品」を活用して理科教育の振興支援を行い、人財育成と社会の発展に貢献していきます。

取り組み

1. 電子顕微鏡を通じて子ども向けの理科教育活動を支援

日立ハイテクグループは自社製品である卓上電子顕微鏡を活用した理科教育支援活動を行っています。身近な物をミクロのスケールで見る体験を通じて子どもたちの科学技術への興味関心を喚起し、「理科離れ」という教育現場の課題解決に寄与することを目的としており、小・中学校への出前授業や科学館・企画展などへの展示など、さまざまな学習イベントに協力しています。また、直接装置を持ち込んで行う出前授業の他、リモート機能を活用した卓上電子顕微鏡の出前授業など、オンラインによる理科教育支援活動にも注力しています。

本活動は国内外のグループ会社でも展開しています。
日立ハイテクサポートは特別支援学校向けの理科教育支援活動に取り組んでおり、2020年度は都立水元小合学園でリモートによる出前授業を実施しました。授業後半では同社に就業した卒業生から現在の業務内容説明なども行い、生徒たちとの交流を図っています。

海外においては、日立ハイテクアメリカ会社が北米、南米、カナダ、オーストラリアで販売代理店と連携し、活動内容の充実を図っています。また、アジア・ASEAN地域の各グループ会社も、中国大陸の日本人学校や、台湾、シンガポールの現地小中学校でナショナルスタッフによるリモートを活用した出前授業を実施しました。この他、ロシアではモスクワの現地小中学校で、リモートによる出前授業を実施しました。
今後も各地域における活動の定着化に向けてさまざまな関連団体との協力関係を構築するとともに、戦略的にプログラムを実施することで科学研究を担う次世代人財育成に貢献していきます。

写真:台湾の苗栗県山佳小学校で行った出前授業
台湾の苗栗県山佳小学校で行った出前授業

写真:モスクワの私立小中高一貫校「ムーミントロールスクール」で行ったリモート出前授業
モスクワの私立小中高一貫校「ムーミントロールスクール」で行ったリモート出前授業