ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

パートナー(調達先・仕入先)の皆様と良好な協創関係を構築し、相互理解と信頼関係の維持向上に努め、CSRに配慮したパートナーとの協働を進めていきます。

基本方針

当社グループが調達先の選定をする際は、日立グループ共通の調達方針のもと、国内・国外を問わず、調達品の品質・納期・価格、技術開発力、環境認証取得などに加え、社会的責任(環境保全、人権保護、社会貢献など)を果たしているかについても十分に評価し、適正且つ、公平・公正な手続きによって行っています。
パートナーの皆様のご協力とご理解を得てサプライチェーン全体でのCSR活動を推進していきます。

「日立ハイテクノロジーズ購買取引行動指針」より(抜粋)

購買取引先の選定は、資材の品質・信頼性・納期・価格、および取引先の経営の安定性・技術開発力等に加え、公正で透明性の高い情報開示、法令および社会的規範の遵守、人権の尊重、雇用と職業に関する不当な差別の撤廃、児童労働および強制労働の排除、環境保全活動、社会貢献活動、働き易い職場作り、ビジネスパートナーとの社会的責任意識の共有等の社会的責任を果たしているかを十分に評価し、所定の適正な手続きに準拠して行なう。

行動指針は本Webサイトの資材調達のページに掲載し、広く情報開示をしています。

社会背景

事業競争力を強化するためには、サプライチェーン全体で、製品の品質向上とコスト競争力・リードタイム短縮・BCPの構築などを図ることが必要です。また、倫理行動・人権配慮・労働慣行・環境問題等の社会課題の解決のために、企業は社会的責任を果たすことが求められています。さらに、社会課題に配慮して生産された製品をお客様に提供できるように、自社だけではなくパートナーの取り組みについても評価し選定することも求められます。
日立ハイテクグループにおいても、お客様からサプライチェーン全体での社会的責任への取り組みに対する要請が高まりつつあり、サプライチェーンマネジメントの強化は、経済・社会リスク、レピュテーションリスクを最小限に抑えることにつながります。

日立ハイテクがめざす方向性

日立ハイテクグループは「パートナーとの協創関係の構築を基本としたグローバル競争に勝ち抜く調達保全と製品コスト競争力の強化」を調達戦略の重点基本方針として掲げ、「調達リスクマネジメントの強化」「製品コスト競争力の強化」「調達コンプライアンスの徹底」に注力して取り組んでいます。グローバル戦略・製品戦略・強固なサプライチェーンの構築を一体化することで、競争力のある製品作りをめざします。

サプライチェーンマネジメント

当社グループは上記の基本方針に基づき、2012年度に調達先評価の共通基準の設定に着手し、2013年度に「日立ハイテクノロジーズ購買取引行動指針」を公開しました。また、同行動指針の英語・中国語版を2015年度に公開するなど、グローバル対応も着実に行っています。
調達取引を新規に開始する場合には、(株)日立製作所が発行している「日立グループサプライチェーンCSR 調達ガイドライン(2017年1月改訂)」に基づいて、社会的責任(倫理行動・人権配慮・労働慣行・環境問題・品質・安全等)に関わる取り組み状況を把握し、当社グループの調達・選定方針に則しているかを確認しています。

日立ハイテクのCSR調達活動

パートナー企業に対するCSRモニタリング(自己点検)の実施に向けた取り組みは、こちらをご覧ください。

各製造拠点において取引先説明会を開催


取引先説明会(那珂地区)

調達先の皆様への情報発信と相互コミュニケーションによるCSR意識の共有は不可欠のものであるため、自社製品製造部門の調達先企業を対象に定期的な説明会を開催しています。当社の各製造拠点にて、年2回、日立グループ全体の「グリーン調達活動の推進」「サプライチェーンCSR推進活動」の取り組みを説明しています。2013年度からは日立製作所が発行している「日立グループサプライチェーンCSR調達ガイドライン(2017年1月改訂)」を調達先評価の共通基準として位置づけ、パートナーとの検証と相互理解を深め、CSR調達活動を推進しています。

2017年度は、取引先説明会においてグリーン調達活動の強化として、日立グループ環境ビジョン・方針に沿って「地球温暖化の防止」、「資源の循環的な利用」、「生態系の保全」の具体的な活動を要請し、パートナーと協働で社会的責任を遂行する仕組みづくりを図っています。

環境CSR対応調達の推進

当社グループは、購入する製品や部品・材料等は環境に配慮されたものを優先的に購入する「グリーン調達」を実施しています。厳格化するRoHS指令など各種法規制に対しては、製品含有化学物質の管理や日立グループのグリーン調達システムである「A Gree’Net」を利用し、化学物質の規制拡大に対応しています。また、日立グループの「環境CSR対応モノづくり」活動を推進しており、那珂地区ではパートナーの皆様が環境保全活動に積極的に取り組んでくださるよう、働きかけやサポートを実施しています。2017年度は全調達先(那珂地区)約1,100社のうち9割弱がグリーンサプライヤー*として認証・登録されています。

  • * 環境マネジメントシステムの認証・登録を受けた供給者。

パートナーとともに取り組む「生物多様性の保全」については、こちらをご覧ください。

CSR監査・モニタリングの実施

日立ハイテクグループは、日立グループサプライチェーンCSR調達ガイドラインの改訂(2017年1月改訂)にあわせ、パートナーへ案内を発信し、日立のCSRサプライチェーンマネジメントに対する考え方の確認書を回収しました。回収した確認書よりCSRサプライチェーンマネジメントの課題を共有し、リスクの最小化をめざしていきます。
また、日立グループ調達部門が連携し、2012年7月より、中国・アジア地区にあるパートナーの製造拠点を訪問してCSR監査を実施しています。監査では米国のCSR評価機関である「ソーシャル・アカウンタビリティ・インターナショナル」の就労環境評価の国際規格「SA8000」に基づき、RBA*公認の監査員が「労働・人権」「安全衛生」「環境」「倫理」を中心とした観点からパートナーの取り組み状況を点検しています。日立ハイテクノロジーズは、2015年度より1年に1社を評価し、2017年度までに3社(すべて中国)の監査を実施し、重大な違反事項は認められませんでした。また、「改善実施計画表」の提出を義務付け、その計画に基づいた改善が完了するまでフォローを継続しています。

  • * Responsible Business Alliance(責任あるビジネスアライアンス):大手電子機器・ITを中心とする企業によって構成される業界団体。

調達担当者への教育

バリューチェーン全体で社会的責任を果たし続ける企業をめざす日立ハイテクグループは、事業活動にかかわるすべてのビジネスパートナーの皆様とともに、常に遵法・倫理的かつ公正であることを徹底しています。調達部門の担当者に対し、CSR調達活動の徹底に取り組んでいます。毎期の調達部門キックオフ(年2回)時におけるCSR調達活動の情報発信や年間カリキュラムにそった教育(環境管理、品質管理、社会的責任など)を実施しています。2017年度において、調達にかかる違反や制裁を伴う案件は発生していません。