ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

当社は、財務体質と経営基盤の強化を図りながら、株主各位に対する適正な利益の還元を利益配分の基本方針としています。具体的には、2019年度から2021年度までの中期経営戦略において、内部留保とのバランスを考慮しつつ、年間100円の配当を下限とし、配当性向40%をめざし、安定的な配当に努めます。
なお、内部留保金は、新事業・新技術の開発推進と商権の確保・拡大並びに高収益体質の確立と経営効率の向上を図るための投資等に活用し、更なる事業競争力の強化に取り組みます。

配当金の支払状況はこちらをご覧ください。