ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2016年8月26日

7月23日(土)、日立ハイテクノロジーズ 中部支店は、名古屋市立梅森坂小学校において、サイエンス教室とバスケットボールクリニックを開催しました。

サイエンス教室では、当社の製品である卓上顕微鏡Miniscope®を2台設置し、午前と午後合わせて計2回のクラスを開催。
当日は、多数の小学生と父兄の方に一緒に受講していただき、参加した小学生にはそれぞれ身近なサンプルを持ってきてもらいました。電子顕微鏡でどのように見えるのか、興味津々に画面を見入っている姿がとても印象的でした。

また、日立ハイテクの女子バスケットボールチーム「クーガーズ」の選手をコーにに迎えたバスケットボールクリニックでは、同小学校の女子バスケットボールクラブのメンバーが参加しました。
クーガーズからは平アシスタントコーチ、鈴木選手(レイ)、永澤選手(カホ)が参加。
クリニックでは、体を温める運動から始まり、ハンドリング、パス、シュートとバスケットの基礎練習を行った後、ミニゲームを行い終了となりました。
終了後にはサイン会を行い、子供たちは憧れの選手と交流できたことをとても喜んでいる様子でした。

これからも、日立ハイテクノロジーズは、製品やスポーツを通して、地域社会貢献を積極的に行っていきます。

サイエンス教室の様子
サイエンス教室の様子

バスケットボールクリニック後の集合写真
バスケットボールクリニック後の集合写真