ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

1月21日(土)、長崎新聞文化ホールにて「第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会」スポンサードセッションを共催いたします。
みなさまのご参加をお待ちしております。

スポンサードセッション

開催日

2017年1月21日(土)
9:00~10:30

会場案内

長崎新聞文化ホール 2F 翔鶴の間 (第6会場)

内容

内容
テーマ マルチプレックス遺伝子関連検査の 海外動向と日本への導入
特に敗血症パネルの性能評価と臨床応用
座長 栁原 克紀 先生
長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 病態解析・診断学分野 教授
大曲 貴夫 先生
国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター長
演題
  1. Clinical and Economic Impact of Rapid Infectious Disease Diagnostics
    Nathan Ledeboer, Ph.D.
    (Medical College of Wisconsin, Pathology & Laboratory Medicine)
  2. マルチプレックス遺伝子検査「Verigene敗血症パネル」の国内性能評価試験
    宇野 直輝 先生
    (長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 病態解析・診断学分野)
  3. 先進医療におけるVerigeneシステムを用いた敗血症の迅速診断について
    早川 佳代子 先生
    (国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター)
  4. Q&A、討議

展示

開催日

2017年1月20日(金)~22日(日)

主催者

一般社団法人 日本臨床微生物学会

会場案内

長崎ブリックホール