ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

3/17(土)に第19回Wリーグの全日程が終了致しました。たくさんのご声援ありがとうございました。
チーム代表者より、2017年度シーズンのお礼が届いております。
来シーズンも皆様の温かいご声援宜しくお願いいたします。

2017年度(第19回Wリーグ)の順位

Wリーグ8位 (レギュラーシーズンは13勝20敗で8位、クォーターファイナル出場)

部長挨拶

今シーズンも多くの皆様に、クーガーズへの温かいご支援を頂き、心より感謝申し上げます。
今シーズンも「飛躍」をチームスローガンに掲げ、レギュラーシーズン全33試合を全力で戦い抜きました。シャンソンVマジック、三菱電機コアラーズといった上位チームからも勝利を上げることができ、13勝20敗の8位で目標のベスト8入りを果たすことができました。
プレーオフ クォーターファイナルではJX-ENEOSと対戦し、残念ながら勝利することはできませんでしたが、選手達は今まで経験したことのない雰囲気中で戦うことができ、沢山のものを得た試合になりました。
まだまだ課題もある若いチームではありますが、大きく成長できた1年でもありました。
来シーズンは、今シーズンの経験を活かし、そして皆さまの応援を力にして、プレーオフでの勝利を目指し成長・進化してまいります。
来シーズンも引き続きクーガーズへの温かいご支援・ご声援をよろしくお願い申し上げます。

塙 雅明

ヘッドコーチ挨拶

日頃より日立ハイテククーガーズへの温かいご支援を頂きまして心より感謝申し上げます。
3月17日をもって今シーズンのクーガーズの全試合が終了しました。
13勝20敗でレギュラーシーズンを8位通過し、目標の『クォーターファイナルに進出』することができました。
毎試合ホームゲームのような皆様の熱い声援が何よりのパワーになりました。
今までクーガーズに携わってくれた皆様の思いを引き継ぎ、素晴らしい環境でバスケットができたことを改めて感謝申し上げます。
来季もより一層『飛躍』するため最善を尽くしますので今後ともご指導ご鞭撻、賜りますようよろしくお願い申し上げます。
『感謝と感動をカタチに』

藪内 夏美

キャプテン挨拶

今シーズンは目標にしていた『BEST8』にようやく手が届き、クォーターファイナルの舞台に立つ事が出来ました。
レギュラーシーズンの結果は13勝20敗と過去最高の勝率をあげる事が出来ました。
シーズンを通して私たちクーガーズにたくさんの温かいご支援ご声援ありがとうございました。
クーガーズはまだまだ成長していくチームです。これからも感動を与えられるような試合をし、より強くなったクーガーズをお見せできるよう精一杯頑張ります。
これからもご支援ご声援宜しくお願い致します。

八木 香澄