ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

[第23戦]2018年2月3日(土) 神奈川県 小田原アリーナ(小田原市総合文化体育館)

戦評/BOX SCORE

戦評/BOX SCORE
  1Q 2Q 3Q 4Q OT1 OT2 OT3 TOTAL
日立ハイテク 18 11 8 27       64
三菱電機 19 16 12 13 60

序盤、クーガーズは#7八木(セイ)の3Pシュート、#21ヌンイラ(ヌン)のゴール下、#22松本(サキ)のミドルシュートで得点を重ねます。
中盤も#9鈴木(ツキ)がインサイドで踏ん張り、29-35で前半を終了。
後半、相手の高さを生かした攻撃を防ぎきれず10点のビハインドとなりますが、終盤、クーガーズはリバウンドを制し、早いパス回しから#15石黒(アズ)が3Pシュート決めリズムを掴み追い上げます。#21ヌンイラ(ヌン)のバスケットカウントで逆転に成功すると、#12西澤(ルノ)が相手のファウルを誘い、しっかりフリースローを決めて相手を振り切り、64-60で勝ちました。

[第24戦]2018年2月4日(日) 神奈川県 小田原アリーナ(小田原市総合文化体育館)

戦評/BOX SCORE

戦評/BOX SCORE
  1Q 2Q 3Q 4Q OT1 OT2 OT3 TOTAL
日立ハイテク 18 20 13 25       76
富士通 22 33 27 23 105

序盤、クーガーズは#9鈴木(ツキ)、#22松本(サキ)が積極的に得点を重ねますが、相手も高確率でシュートを決め接戦となります。中盤、相手の3Pシュートを防ぎきれず、38-55で前半を終了。
後半、クーガーズは選手全員を起用し、厳しいディフェンスを仕掛け追い上げを図りますが、相手のリズムを崩すことが出来ません。終了間際にアーリーエントリー選手(来年度新人)の#1星(ホープ)が連続ゴールを決めますが、76-105で敗れました。

拡大

ドライブをするセイ

拡大

シュートを決めるアヤ

拡大

フリースローを決めるルノ

拡大

ジャンプシュートを決めるツキ

拡大

フリースローを決めるマコト

拡大

ドライブをするホープ