ページの本文へ

Hitachi

新卒採用サイト日立ハイテクノロジーズ

こども会社見学

先端解析システム設計部の会社見学には、大南家から11歳の蒼志くんが登場。「今日は一日社長にやってきました!」朝から元気に社長宣言をしてくれた蒼志くん。今日は、お父さんが一日部下になる日!?さて、大南社長は、どんな活躍をしてくれるのでしょうか。お父さん、今日は社長にしっかりいいところを見せましょうね。

お父さん:大南(評価解析システム製品本部)
こども:蒼志(そうし)くん
09:00

会社見学スタート。お父さんはいつも作業着。蒼志くんも今日は作業着で参加です。ちょっとサイズが大きいけれど、決まってますね。

「これが、蒼志社長の名刺です」

まずは、工場に向かって突き進みます。

さっそく、お父さんの仕事仲間に遭遇。「こんにちは、蒼志社長です」

お父さんの仕事は、電子顕微鏡の開発。現場では、どんどんハイテクな機械が組み上がっていきます。

部品置き場に到着。お父さんにとっては見慣れた光景でも、蒼志くんにとってはキラキラした風景なのです。

真剣なまなざしで、機械の組立を見つめる蒼志くん。モノづくりには、興味津々です。

「工場って、上から見ると広いんだね」「あのあたりで、お父さんの設計したものが加工されているんだよ」

お部屋に戻って休憩。蒼志くん、なんと発明クラブに入っていて、壁掛けソーラー扇風機を自分で発明したそうです。この発想には、お父さんもびっくり。

10:30

次は、お父さんのオフィスで、仕事体験。「あ、どうも、蒼志社長という者です」

蒼志社長、いきなり部長のデスクを借りて、仕事を始めました!?働き者の蒼志くん、将来が楽しみですね。

部長のスケジュールをチェック。これも社長の大事な仕事かな。

「ちょっと実際に図面を書いてみようか」初めて触るCADに、蒼志くん、ちょっと緊張気味です。

お父さん、すごいモノをつくっているんだなあ。細かい設計図を食い入るように見つめる蒼志くん。

発明家としての、血が騒ぎますね。

では実際に作図をはじめてみましょう。何を設計しようかな?

星がうまくかけましたね。

すると、お父さんが星を立体化してくれました。蒼志くんは隣でお絵かきタイム。

なんだかほとばしる才能を感じますね……

実際に描いた図面をプリント。すごい、ちゃんと立体になっています。蒼志くん、人生で初めての設計図が完成しました!

「今何の設計しているんですか?」色んな人に聞いて回ります。

「ここでは、何の会議をしているんですか?」会議にも飛び込んで行ってしまう度胸。さすがですね。

11:00

今度は、電子顕微鏡の組み立てをやってみましょう。モノづくりは、得意分野ですからね。

細かいネジ回しも、お手の物。さすが、慣れていますね。

設計図を確認しながら、着々と組み立てを進めていきます。さすが、飲み込みがはやい。

部品を本体にセッティングして、ようやく完成!

12:00

さて、午前中はよく働きました。おまちかねのお昼ごはんです。蒼志くんは、カツ丼をチョイスしました。

おや、2人、いつの間にか同じ姿勢で食べていますね。

全部きれいにたべました。ごちそうさまです!

食後の腹ごなしは、やっぱりパンポン。

蒼志くんは、スポーツも得意なようです。

13:00

昼からは、社長直々に会議に参加。テーマは、「卓上顕微鏡の展示会でどんなものを準備するか」です。

こどもの視点から、どんどんアイディアをだす蒼志くん。

なんと、決まった内容のほとんどが蒼志くんのアイディアからでした。いい仕事、しましたね。

14:00

さて、ここからはいよいよ午前中に組み上げた電子顕微鏡でいろんなものを研究します。

実は、あらかじめ見たいものを用意してきたんです。昔お父さんから、アメリカ土産にもらった宝石の原石です。

「へぇー、拡大するとこんなふうになってるんだね!」

「もっと倍率をあげたらどうなるかなあ」蒼志くん、興味津々です。

「蒼志は将来、仕事何するの?」「日立ハイテク!」お世辞でも何でもなく、蒼志くん、そう言ってくれました。

最後に、お父さんと記念撮影。ピース。

今日は一日、おつかれさまでした。

お父さんと仲良く自転車で帰っていく、蒼志くんでした。

絵日記

蒼志くんの絵日記