ページの本文へ

Hitachi

社会課題解決のストーリー株式会社 日立ハイテク

マテリアリティについて日立ハイテクグループのマテリアリティ

当社グループは、社会からの要請に対して、事業特性やビジネスモデルを活かして、どのような社会課題の解決に取り組むべきか、世の中に役立つことができるのかを明確にするために、国際社会の共通ルールであり達成目標に位置づけられるSDGsを踏まえ、CSRにおける重要な取り組みテーマ(マテリアリティ)を特定しています。
2021中期経営戦略では、特定した5つのマテリアリティごとにその実現に向けた具体的活動と目標を定め、事業活動を展開していきます。
このマテリアリティに基づいてCSRへの取り組みを推進し、社会に提供する価値を最大化していくことで、SDGs達成への役割を積極的に果たしていきます。

日立ハイテクグループは、以下の具体的活動を通じて、SDGsの達成に向けて積極的に貢献していきます。

マテリアリティの基本的な考え方・めざす姿と活動目標

マテリアリティ 基本的な考え方・めざす姿 活動目標 活動計画と実績
マテリアリティ1持続可能な地球環境への貢献 社会と企業の持続可能な発展のためには、地球環境と調和した企業経営が重要な役割を担っています。当社グループは事業活動に伴う資源・エネルギー消費と環境負荷の低減を図るとともに、環境に配慮した製品・サービスの提供やバリューチェーン全体での取り組み等により、持続可能な消費と生産をめざします。
  1. 脱炭素社会の実現
  2. 循環型社会の実現
  3. 自然共生社会の実現
リンク
マテリアリティ2健康で安全、安心な暮らしへの貢献 「健康で安全、安心な暮らし」は人類共通の願いです。当社グループは、これまで培った「見る・測る・分析する」(計測・分析技術)をさらに究めることで、医療、水・食品、社会インフラの3分野を中心に、人々が健康で豊かな生活を送り続けることができる未来に貢献します。
  1. 予防医療へのアクセス拡大
  2. 水・食品の安全性確保
  3. 社会インフラの安全性確保
リンク
マテリアリティ3科学と産業の持続的発展への貢献 科学や産業の発展には、それを支える高度な技術が不可欠です。当社グループは、「計測・分析技術」「自動化・制御技術」「モノづくり力」を最大限に活用・高度化することで、研究開発や生産現場の生産性向上、製品の品質向上を支え、科学と産業の持続的な発展に貢献します。また、自社製品を活用した社会貢献活動の実施により、次世代人財の育成にも貢献します。
  1. 科学技術の発展
  2. 生産現場の高効率化
  3. 生産技術のグローバル展開
リンク
マテリアリティ4健全な経営基盤の確立 健全な経営基盤の確立は、企業の持続的成長に不可欠です。当社グループは、長期的に企業価値を向上させていくために、コーポレートガバナンスの実効性向上に努め、社会から信頼され、必要とされ続ける企業をめざします。
  1. 健全なガバナンスの実現
  2. 製品安全性の確保
  3. CSRサプライチェーンの実現
リンク
マテリアリティ5多様な人財の育成と活用 グローバル市場で競争を勝ち抜き、持続的な成長を実現するためには、創造性・革新性のある価値をお客様や社会に提供し続けることが重要です。当社グループは、その価値提供を担う人財を最も重要な経営資源の一つと位置付け、継続的なイノベーションを創出できる変革型人財の育成をめざします。
  1. ダイバーシティ経営の推進
  2. 多様な人財育成の推進
  3. 健康で安全な職場環境の確保
リンク