ページの本文へ

日立ハイテク
  1. Home
  2. 企業情報
  3. 企業経営の考え方

企業経営の考え方

日立ハイテクは、あらゆるステークホルダーから「信頼」される企業をめざし、ハイテク・ソリューションによる「価値創造」を基本とした事業活動を通じ、社会の進歩発展に貢献します。

日立ハイテクは、世の中の変化に伴い今後ますます重要性が増す社会課題解決に、コア技術である「見る・測る・分析する(計測・分析・解析)」力で大きく貢献し、持続可能な社会の実現をめざして、2022年度から2024年度までの「2024中期経営計画」を策定しました。

「WAY」は、日立ハイテクグループ全体の求心力のもととなる「社員が共有し、実現すべき理念や価値観、戦略」です。すなわち、私たちが何かをするかしないか、AにするのかBにするのか、迷ったときの行動や判断の「基準」であり、何を実現すればいいのかを考えたり、意見を出し合ったりする「活動」そのものが「WAY」なのです。

「日立ハイテクグループ行動規範」を制定し、経営トップのリーダーシップのもとにこれを徹底し、これによって「基本と正道」に則った、企業倫理と法令遵守に根ざした事業活動の展開を行います。