ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

APIX

現在、ドライバーをサポートするHMI(ヒューマン・マシーン・インタフェース)の開発競争が自動車業界では日々繰り広げられています。
より快適・安全な運転をサポートする為に、車へのディスプレイ搭載数の増加・高精細化・マルチファンクション化が求められています。
APIX(Automotive Pixel Link) はディスプレイECUと複数のディスプレイをつなぐ最も進化したSerDes (Serializer/De-serializer)です。

概要

APIXはHead Unitと高解像度化が進む各種車載ディスプレイ(Digital Cluster、Head Up Display、Central Information Displayなど)を結ぶドイツ・Inova社製の高速伝送インターフェースです。

APIX3

特長

特長

  • 業界最高水準の高速伝送(最大レート12Gbps)によりドライバーの安全な運転を支援
    * 2レーンバンドル時。6Gbps/レーン
  • マルチディスプレイに対応し、快適な車内環境を提供
  • 4Kコンテンツの伝送に対応
  • 欧州を中心にOEM・Teir1から過去累計1億個の豊富な採用実績
    (APIX1、APIX2、APIX3及びAPIX IPのライセンシー製品含む)
  • 常時固定リンクレートによる高EMI耐性

用途

APIX3の用途

*
CID(Central Information Displays),HUD(Head Up Displays),RSE(Rear-Seat Entertainment system),Smart Gateway(道路と車のコネクティビティ)

APIXは様々なアプリケーションに対応し、ドライバーの安全・快適な運転をサポートします。

SerDes(Serializer/De-serializer)のAPIXは高速シリアル伝送によって、遅延なく高解像度映像、音声、制御信号、Ethernet等の様々なデータを1本のケーブルで伝送することを実現します。

さらに、CIDをはじめとした液晶パネルへ入力した情報をHead Unitへ送信するといった、双方向にデータを送信することを可能にした高性能なインターフェースです。