ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク


12Gbpsの高速伝送レート化
ビデオインターフェースの拡充

APIX3の特長

最大伝送レート12Gbps

  • 1レーンあたり6Gbpsのサポート 2x3Gbps
    または 最大2x6Gbps(12 Gbps)のサポート
  • エコーキャンセレーションに基づく統合アップストリーム
    →シングルの異なるペアレーンとCoaxの同軸サポート

常時固定リンクレートによる高EMI耐性

固定リンクレートにより、ピクセルクロックに左右されない

自己診断・補償機能

  • 伝送路における伝送信号品質(減衰特性)を自己診断・動的に補償
    (例)温度劣化、経年劣化

最大ピクセルクロック340MHz

  • 広帯域サイドバンドによりEthernetを含む
    様々なビデオインターフェース
    (HDMI、MIPI DSI /CSI、DP)に対応
    →複数のインタフェースを1本のケーブルに集約でき、軽量化、低コストに貢献

VESA,DSC圧縮ビデオのトンネリングにより4Kの解像度を実現

Ashell (Automotive Shell)プロトコル内蔵

  • 全2重通信による双方向の通信エラーチェック機能搭載
    →エラーが生じた場合(CRCカウント時)にはエラー発生部分のパケットデータを再送