ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

御社の工作機械を再生する。
日立ハイテクの
切削精度向上サービス

日立ハイテクでは、マシニングセンタ(ミーリング)の経年での精度劣化の原因の多くは、主軸のゆがみに起因していることに着目。
剛性測定サービスでは、これまで操作者が経験で補正していた主軸のゆがみを数値化し、現状の加工誤差の見える化を実現。
さらに切削精度向上サービスでは、加工誤差修正アルゴリズムによりNCデータを補正、
現状の工作機械そのままで加工精度の改善を可能にしました。
また、部位による加工負荷を加味してNCデータの自動補正を行う“送り速度補正機能”により、
加工精度を落とさずにリードタイム短縮も実現します。

  • 加工誤差の要因

    加工誤差の要因
  • 設備剛性
    診断​サービス​

    加工機ごとの
    加工誤差を見える化

  • 切削精度
    向上​サービス

    NCデータを補正
    加工精度を向上し
    リードタイムを短縮

製造現場でこんな悩みは
ありませんか?​

    • 古い設備が再利用できれば。
    • 設備によって精度のバラツキが。​
    • 最近、以前のような寸法精度が
      出ない。​

    設備剛性
    診断サービス​

    まずは、主軸剛性を測定し御社の加工機の加工誤差を見える化。NCデータの補正でどの程度の精度向上が可能なのかご確認いただけます。​

    詳しくはこちら
    • 現状の加工機で精度が上げらないか?​
    • いまの精度のまま、海外移管​
      できないだろうか?​
    • 今の設備のままで、リード​タイムを
      短縮できないか?​

    切削精度
    向上サービス​

    ご使用の加工機の主軸のたわみと工具の切れ味を測定。補正アルゴリズムを用いてクラウド上でNCデータを補正。高精度で安定した切削品質を実現します。​

    詳しくはこちら