ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

会社概要

Applied Physics Technologies, Inc.

所在地:1600 NE Miller Street, McMinnville, Oregon 97128 USA

業務内容:電子源の開発・製造・販売

設立:1995年

Applied Physics Technologies(APTech)は、William Mackie, Ph.D.とGary Cabeにより1995年に設立され、20年以上にわたり遷移金属、熱電子源、FE電子源の研究を行っております。
産業界や政府機関、研究者から高まる製品需要もあり、APTechは大学の研究機関であったLinfield Research Institute (LRI*)のスピンオフとして誕生し、フィールドエミッション研究を牽引しています。
APTechの最大の魅力は高い開発力と技術力です。
単結晶の先端形状や電子源アセンブリなど、さまざまな仕様に対し自社設計・製造が可能なことがAPTechの大きな強みとなっています。
LRI設立以降50年以上にわたるフィールドエミッション研究は、マクミンビルから広がりポートランド、オレゴン州の科学者や企業のコミュニティを作り出しました。
APTechは、今後もこのコミュニティとの密接な関係を維持し、電子放出と電子源の技術の発展に貢献していきます。

*
LRI:フィールドエミッション技術の研究を目的に、1955年にWalter Dykeにより設立された研究機関

特長

  • 高品質な単結晶素材を開発
    高純度の電子源を製造
    多様な製品のコア技術として採用
  • 豊富な実績とノウハウによって支えられた電子源の開発能力
    多様な顧客要求に対応可能(製品ラインナップ、カスタム対応)

用途

  • 電子顕微鏡・表面分析装置
  • 電子線式金属3Dプリンター
  • X線管

実績

  • 日欧米の主要SEM,分析装置メーカーとの取引、金属3Dプリンター(電子線式)メーカー向け供給実績あり。

カスタマイズ対応

  • 高融点金属、遷移金属(Boride、Carbide)の単結晶成長
  • 組立・加工技術:結晶の取り付けや電解研磨
  • お客様の要望への対応
    • 円錐角(Cone Angle)
    • 先端の平坦面(Truncation)の直径
    • W単結晶の寸法

製造設備

  • ゾーンリファイニング装置
    自社開発の装置を用いて、金属単結晶を製造
  • 高融点金属
    自社装置にて、高融点金属も対応可能
  • 自社製造
    全プロセスを自社で実施

アセンブリルーム
アセンブリルーム

品質

  • エミッション検査
    製品品質の維持・管理・保証に必要な検査を実施
  • 品質改善活動
    パートナー企業と連携した品質改善活動の継続的実施

お問い合わせから納品まで

お問い合わせから納品まで