ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

材料開発ソリューション(マテリアルズ・インフォマティクス)

材料データ分析により材料開発の指針を見出すマテリアルズ・インフォマティクス(MI)が進展しており、効率的な材料開発が推進されています。
日立ハイテクは、このMIを駆使したシステムをクラウドで提供し、実験前の予備分析、実験回数やコストの削減を実現します。又、材料データの分析代行など、材料の高性能化につながる要因の予測・特定を支援します。これまで日立ハイテクが培ってきたグローバルネットワーク(販売網)や材料に関する知見を活かし、より多くのお客様へのソリューション導入をサポートします。

材料開発の課題

現状の課題 日立ハイテクが提供する解決策
経営
時代の変化・ニーズを読み解き、新材料・ 新商品を他社よりも更に早く開発していかなければいけない
MIの導入を検討しているが、費用対効果が分からず、活用までの意思決定に時間がかかる
*
IT導入補助金制度の利用により、MIの導入コストを下げることができる

業務(実験)
技術者のノウハウが共有できていなかったり、技術者の勘、経験を頼りに実験を行っているため、膨大な時間がかかる
データが整備・蓄積されていないため、MIに活用できる状態になっていない
  • 実験装置から出力されるデータを自動的に分析環境に連携することで、効率的なデータ管理、データ分析が実施できる
    (実験装置連携サービス)
多くの実験をしたいが、現状難しい

人材
デジタル技術を用いた解析を行える人材が不足している
データ分析を行える人材を育成したいが、ノウハウがない

プレ分析とは、日立ハイテクが提供する材料データ分析支援サービスの一部を無償でお試しできるサービスです。サービス導入前に、貴社や現場スタッフにあっているかなどを確認するためにもお使いください。