ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

材料データ分析環境提供サービス

材料特性をグラフ化したり、日立の最新技術を駆使して材料データを高速に分析する環境を、クラウドで提供するサービスです。

材料特性の変化を容易に把握できることによって、知見を効率的に見出したり、Webブラウザから簡単にデータを確認することで、円滑に分析者間で情報共有できます。

  • プログラミング知識がない方でも、簡単に利用可能なユーザーインターフェース
  • プログラミング知識がある方にも、自身でコーディングしたアルゴリズムをシステム上に登録できる機能を搭載

幅広いユーザーがご利用いただけるサービスです。

 

トライアル材料データ分析環境提供サービス

材料データ分析環境をトライアルでご利用いただけるように、材料データ分析環境の使用方法のレクチャーや問合せ対応を合わせてサポートしたサービスです。

  • サンプルデータを用いた実際の分析を想定した分析環境の操作レクチャーにより、分析ツール初心者でもご利用可能
  • 操作レクチャー後も問合せ対応で、材料データ分析環境に関するご質問にお答えすることで、サービス本格導入をサポート

 

2つのサービスのご提供フロー

材料データ分析環境では、下記フローのような「データクレンジング→分析→可視化」という主要な分析から、分析の前処理で行う単語抽出、構造発生による新規化合物の探索など、幅広い機能をご利用いただくことができます。

分析環境の操作画面例

画面構成は、一目で操作手順が分かるユーザビリティです。これにより、材料データ分析支援サービスによって協創した成果を一つのプラットフォーム上でご利用頂くことができます。

分析結果可視化画面
分析結果可視化画面

データクレンジング画面
データクレンジング画面

材料データ分析支援サービス

お客様の各種材料データをお預かりし、AIを活用したデータ分析を代行することによって、従来の研究内容から視点を変えた分析を提供し、効果的な実験計画の立案・実行を支援するサービスです。

  • 形や構造がある程度決まっている無機材料だけではなく、組み合わせの自由度が高い有機材料など、対象材料を問わない分析が可能です。
  • シミュレーションデータ、実験データ、他種データなどを使って多角的に材料特性を推測し、期待する材料特性を実現するための条件など、今後の実験内容候補を提供できます。

 

材料データ分析支援サービス 実用例

ご提案1:特性予測による原料組合せの最適化(特性予測支援&実験計画策定支援)

ご提案2:特許から実験データを自動抽出(テキストマイニング支援)

ご提案3:材料画像解析によるテクスチャの判別(画像解析支援)

データ分析教育サービス

データ分析手法における教育を実施するサービスです。
データサイエンスやデータエンジニアリングの能力を向上させるためのカリキュラムとなっています。

  • 分析の目的と仮説を分析手法適用のインプットに反映できるようになる
  • 分析結果から意味を抽出し、実際の提案や企画に活かせるようになる

 

教育サービス内容

オンライン教育
「データ分析手法の理論と適用」という講座を講師がオンラインで実施するサービスです。データ分析の理論や作業スキル、各分析手法をビジネスデータに適用する際の考え方を学習できます。

e-Learning教育
「データ分析手法の理論と適用」という講座をe-Learningで学習できるサービスです。

カスタマイズオンライン教育
上記オンライン教育の講座をお客様のご要望に応じて、カスタマイズして学習できるサービスです。

実験装置連携サービス(開発中)

お客様の実験装置と材料データ分析環境提供サービスを連携するサービスです。
材料開発ソリューションに必要な実験データの収集・蓄積に際し、日立ハイテクの豊富な検査・分析装置を活用することで、データ収集からMIを用いた材料開発まで、ワンストップでハイスループットな実験を可能とします。

 

IoTポータルサービスであるExTOPEを用いることで、実験装置(フィジカル空間)から出力されるデータを自動で分析環境(サイバー空間)に連携し、実験から分析までをシームレスに実施いただくことができます。

*ExTOPEとは:
ExTOPEは、装置とユーザをネットワークで繋げることで、計測結果や装置に関する様々な情報に、いつでもどこからでもアクセスできるサービスです。『計測データの閲覧』『装置スケジューラ』『装置状況のモニタリング』『グループチャット』といった機能を使うことができます。

計測・試験・分析 受託評価サービス

日立ハイテクのパートナーシップやネットワークにより、手法・計画・試験分析実務のサポートをすることで、分析に必要なデータの取得・蓄積を加速できます。取得したデータを材料データ分析環境サービスと連携することで、材料開発における特性変化や各種要因の予測・特性支援に繋げることができ、データ取得とデータ分析をワンストップで提供することが可能となります。

 

サービス内容

計測では、精密測定や非破壊による手法を保有し、計測プログラムを用いた大量データを取得できます。
試験では、JIS等の規格試験だけでなく、材料や製品の実際の使用環境に近い状態でデータを取得することが可能です。
分析では、有機・無機問わず試料調整や前処理を始め、観察・分析まで一貫した業務でデータを取得できます。