ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

MI(マテリアルズ インフォマティクス)を使うと、開発の効率化が可能になります。

MIの導入効果

  • 経験者のスキルをデジタル化
  • 実験回数の削減によるCO2排出量の削減
  • 開発のスピードアップ
  • 新素材の探索が可能

上記の効果を得られる、日立ハイテクが提供するMIソリューションは、2つあります。

日立ハイテクのMI材料開発ソリューション

弊社にデータ分析を委託する「分析支援サービス」と、お客様がご自身で分析をする「分析環境提供サービス」です。

材料データ分析環境提供サービス

日立ハイテクのMI分析環境提供サービス

日立ハイテクの材料データ分析環境提供サービスは、お客様がご自身でさまざまなテーマを分析できるツールです。

分析環境提供サービスの特徴

  • 高速分析を繰り返せる
  • プログラミング知識がなくても使える(Python不要)
  • プログラミングができ自社アルゴリズムがある場合はお客様で搭載可能
  • 専用機器・サーバー等の準備不要(webブラウザでアクセス可能)

分析環境でできること

分析環境でできること

  • 順解析
  • 逆解析
  • テキストマイニング
  • 画像解析(実装予定)

材料特性の変化を容易に把握できるので、開発のスピードアップを期待できます。
webブラウザから簡単に解析結果を確認できるので、簡単に分析者間で情報交換が可能です。
具体的な分析ステップは下記の流れで行います。

  1. データの収集
  2. データクレンジング
  3. 予測モデルの構築
  4. 最適化
  5. 結果の可視化

データ分析において「データクレンジング→分析→可視化」という主要な分析から、分析の前処理で行う単語抽出、構造発生による新規化合物の探索など、幅広い機能をご利用いただけます。

すでにpythonなどで作成された自社アルゴリズムがある場合は、分析環境に搭載することで幅広い予測モデルの構築・最適化を行えるので、分析の幅が広がります。

体験版:トライアル分析環境提供サービス

日立ハイテクのMIトライアル分析環境提供サービス

トライアル分析環境提供サービスは、分析環境の体験版です。
実際にお試しいただいて、お客様にとって有用性をご確認できるプランです。

ご利用step

  1. 日立ハイテクのデータサイエンティストから操作レクチャー
  2. お客様がご利用
  3. データサイエンティストによるサポート

データサイエンティストがわかりやすく使い方を解説するので、初めてMIを活用するお客様でも使えるようになります。
本格的に分析環境を導入したいとお考えのお客様にも、トライアル分析環境をご利用いただくことでスムーズな導入が可能になります。

材料データ分析支援サービス

日立ハイテクのMI分析支援サービス

日立ハイテクの材料データ分析支援サービスは、弊社のデータサイエンティストが分析しレポートするサービスです。

お客様から実験データをお預かりし、AIを使ったデータ分析を代行します。
従来の研究内容と異なる視点で分析を提供し、効果的な実験計画の立案を支援します。

分析支援の特徴

  • データ分析における専門家の知見を活用できる
  • 自社にリソースがなくても分析を進められる
  • 無機・有機など対象材料を問わない分析が可能
  • 実験精度を向上でき優れた性質の革新的な材料開発が可能

分析支援でできること

分析支援でできること

  • 順解析
  • 逆解析
  • テキストマイニング
  • 画像解析

分析支援では、さまざまな分析が可能です。データサイエンティストとお客様が協議を重ねつつ、お客様の要望に沿って進めていきます。

体験版:プレ分析

日立ハイテクのMIプレ分析サービス

プレ分析は、分析支援の無償体験版です。
簡易的に分析を体験できるサービスで、日立ハイテクの分析支援で何ができそうなのかを判断いただけます。

ご利用step

  1. 分析テーマ設定のディスカッション
  2. データを日立ハイテクのデータサイエンティストにお渡し
  3. データサイエンティストによるプレ分析実施
  4. プレ分析の結果・分析方針のご報告会

お客様のデータをお預かりするので、秘密保持契約を締結いたします。
データに関しましてはマスキングしてご提出いただくことも可能ですので、ご相談ください。

導入時サービスの組み合わせ事例

日立ハイテクのMIソリューション導入事例

各サービスは、組み合わせが可能です。
上記は、最初に無償のプレ分析で分析の途中まで行い、分析支援サービスで1つの分析を終わらせます。
その分析結果をもとに、お客様ご自身で分析を進めていくケースです。

この他の導入ケースもご紹介できますので、詳しくはお問合せください。

【開発中】実験装置連携サービス

日立ハイテクのMI実験装置連携サービス

実験装置連携サービスは、お客様がお持ちの実験装置と、MIソリューションを連携させることで、データ収集からMIを用いた材料開発まで、ワンストップでハイスループットな実験を可能にするためのサービスです。

MIサポートサービス

MIを導入にするにあたりさまざまな課題がある場合に、弊社がサポートできるサービスを紹介します。

教育支援:データ分析教育サービス

データ分析教育支援サービス

データ分析手法を学べるサービスです。

特徴

  • データ分析が初心者でも基本的な理論や手法、考え方を学べる
  • Pythonなどの基礎的なプログラミングを学べる
  • オンライン授業が可能

分析目的と仮説を、分析手法を適用する際のインプットに反映できるようになったり、分析結果から意味を抽出し、実際の提案や企画に活かせるようになります。

受講方式はセミナー形式、e-ラーニングなど、お客様の参加人数や目的に応じて、最適な研修を選べます。

計測・試験・分析 受託評価サービス

実際にMIソリューションを活用して実験候補の策定がスピーディに行えたとしても、なかなか実験で計測・試験・分析を行うリソースが足りないという場合に役立つサービスです。

特徴

  • 実験(計測・試験・分析など)をアウトソーシングできる
  • 取得した評価結果をMIと連携することが可能
  • 開発のスピードアップが可能

どのような機器を使えるかは、一部ですが下記に記載しております。