ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

管理システムVCIM

リチウムイオン二次電池製造のプロセスにVCIMを導入し、現場の見える化とトレーサビリティの向上を。

VCIMは、1980年代前半から半導体の製造現場で培ってきた実務経験に基づき開発した製造CIMシステムです。VCIMはリチウムイオン二次電池製造ラインにも最適なソリューションであり、原反工程の受入調合から出荷までのそれぞれの設備のデータを吸い上げることによって、現場の見える化と圧倒的なトレーサビリティの向上を実現します。

SU3800/SU3900

TIBCO Spotfire

TIBCO Spotfire

VCIMに連携する、セルフサービス型分析ツール

TIBCO Spotfireは、VCIMで吸い上げたリチウムイオン二次電池工程の大量のデータをユーザー自身がマウス操作で直観的に分析し、さまざまな課題に対しての原因究明を支援するセルフサービス型のビジネスインテリジェンスツールです。

TIBCO Spotfireとは

  • データのグラフ化、データの掘り下げ作業がマウス操作のみで可能。
  • 統計解析機能を標準搭載、相関分析や回帰モデリングなども実現可能。
  • 分析したデータを関係者で展開し、歩留まりの悪さの原因などの共有が図れます。
TIBCO Spotfire