ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

走査電子顕微鏡

SU3800/SU3900

広域から微小領域の観察分析。
材料や製品の品質管理に幅広く活躍。

走査電子顕微鏡SU3800/SU3900は、リチウムイオン二次電池の生産現場において、受入検査や工程異物の解析など幅広く活用できます。粒子の微細表面形状評価、3次元形状解析、EDS組成分析など多角的な解析が可能です。各種解析の自動化も可能で、リチウムイオン二次電池の生産性向上に大きく寄与します。

SU3800/SU3900

操作性と拡張性を両立、大型試料の観察にも対応。

SU3800/SU3900は多目的大型試料室を搭載し、大型試料の解析や多種のアクセサリを搭載することで正極材などについても多角的な評価を行うことができます。また、最大200mm径(SU3800)、最大300mm径(SU3900)の試料を搭載可能な大型試料室を実現し、多試料の一括解析も可能です。

多試料搭載マルチホルダー SEM像 自動粒子識別

走査電子顕微鏡

FlexSEM1000Ⅱ

FlexSEM1000Ⅱ

高性能をコンパクトに凝縮。

FlexSEM 1000Ⅱは、リチウムイオン二次電池の生産管理に最適な走査電子顕微鏡です。小型高性能(分解能:4nm)と観察しやすさを兼ね備えた操作環境を実現。使い勝手を追求したユーザーインターフェースは、安定したデータ取得を可能にします。

連続視野取り込み機能 アプリケーション

卓上顕微鏡Miniscope®

TM4000PlusⅡ

TM4000PlusⅡ

画像観察までわずか3分。

日立ハイテクが確立した、卓上顕微鏡という新たな電子顕微鏡のジャンル。TM4000PlusⅡは、そのシリーズの最新モデルです。試料の前処理が必要なく、搭載してから画像取得までの時間はわずか3分。形状観察から元素分析、レポート作成までをスピーディに行うことが可能です。各工程でのリチウムイオン二次電池の品質管理などにも最適です。

広域マッピング EDS粒子解析