ページの本文へ

Hitachi

理科教育支援活動日立ハイテクノロジーズ

岩沼市主催「理科大好きフェスティバル」で理科教育支援活動を実施

岩沼市立岩沼西小学校(宮城県)
2017/10/14

2017年10月14日(土)、 宮城県岩沼市立岩沼西小学校で開催された、小中高生対象の「第7回理科大好きフェスティバル」で理科教育支援活動を行いました。
本イベントは、岩沼市主催の科学イベントで、企業や小中学校による科学体験ブースの出展、市内の小中学生の研究表彰式やサイエンスショーなどが行われています。
日立の電子顕微鏡の生みの親である只野文哉(ただのぶんや)氏が岩沼市出身であること、東日本大震災復興時の日立製作所の支援活動等のつながりから、当社東北支店の社員を中心に7年前の第1回目から本イベントに参加しています。

左/植物の種の飛ばし方や形状の違いを説明 右/ロケットリーフ作成後、高く飛ばして見上げる子供たち
左/植物の種の飛ばし方や形状の違いを説明 右/ロケットリーフ作成後、高く飛ばして見上げる子供たち

タンポポの種子とツクシの胞子の電子顕微鏡写真を使い、植物が種の保存のために広範囲に種を飛ばすための工夫を紹介したり、カエデの種の形を模したロケットリーフ(間伐材を利用した環境玩具)を作り、実際に飛ばしたりと、120名を超える児童に理科の楽しさを体験してもらいました。

■「ロケットリーフ」とは
一般社団 法人猿ヶ京小学校スポーツアカデミーが製造販売する、間伐材を利用した環境教育玩具。
当社では、「日立ハイテクノロジーズ」と押印したロケットリーフを、理科教育支援活動の一部として活用しています。

ロケットリーフ外観
ロケットリーフ外観

理化学研究所・横浜市立大学一般公開2017顕微鏡体験ブース出展に協力

理化学研究所横浜キャンパス(神奈川県)
2017/9/23

2017年9月23日、理化学研究所横浜キャンパスで開催された一般公開イベントの顕微鏡体験ブース出展に協力いたしました。本イベントは理化学研究所横浜キャンパスと横浜市立大学鶴見キャンパスが共同で開催しており、ふだん見ることのできない研究施設を公開し、これまで取り組んできた研究活動や最新の成果をご紹介するイベントです。

左:顕微鏡体験ブースの様子/右:電子顕微鏡紹介コーナーの様子
左:顕微鏡体験ブースの様子 / 右:電子顕微鏡紹介コーナーの様子

当日は最先端の研究を支える施設の見学ツアー、観察や実験を通して科学への理解を深める体験イベントなど、さまざまなプログラムが開催されました。当社では2015年より電子顕微鏡ブースの出展に継続的に協力しております。

観察後に装置へセッティングされいていた花粉サンプル群を確かめる児童たち
観察後に装置へセッティングされいていた花粉サンプル群を確かめる児童たち

ブースでは研究所で準備した様々な植物や花を来場者が光学顕微鏡で観察し、写真撮影とプリントアウト・パネルへの貼付けまでを行いました。写真がプリントアウトされるまでの時間を利用し、電子顕微鏡で様々な花粉や、芋類の澱粉粒を観察して来場者へ紹介しました。

ブースには約100名の児童・生徒が来場し、花の種類によって花粉の形状が異なることに興味を持っていただきました。長芋に含まれる蓚酸カルシウム結晶を観察し、この結晶が長芋を食べたり触ったりした際の痒みの原因である事を紹介すると保護者たちからも驚きの声が上がっていました。

長芋に含まれる蓚酸カルシウム針状結晶(皮膚に付着した際の痒みの原因)
長芋に含まれる蓚酸カルシウム針状結晶(皮膚に付着した際の痒みの原因)

青少年のための科学の祭典2017 に電子顕微鏡体験ブースを出展

科学技術館(東京都)
2017/7/29~30

「青少年のための科学の祭典」全国大会は、毎年7月末から8月初め頃、東京都千代田区北の丸公園にある科学技術館で開催されます。全国各地から集まった演示講師による数多くのブース出展、ステージ出展、屋外出展や学生による研究発表会などもあります。
毎年、多数の来場者があり、「青少年のための科学の祭典」の中では最大規模の大会です。
我々は2014年より電子顕微鏡ブースを出展しており、今年度も2日間に渡り約250名の児童・生徒達に電子顕微鏡の世界を体験してもらいました。
今年度は新たに電子顕微鏡の取扱を習得した当社の社員が調味料や昆虫、紙やシャープペンの芯といった身近な物の、電子顕微鏡で見るまで知らなかったミクロの世界を来場の児童・生徒に紹介しました。

観察する試料を真剣に選んでいる生徒たち
観察する試料を真剣に選んでいる生徒たち

ミクロの世界を体験した児童・生徒からは「こんな形になってたとは知らなかった!」といった驚きの声が上がり、説明を行った社員からも「イベントのスタート時は緊張したが、喜ぶ児童達の顔を見ているうちに自分も楽しくなり、気力もわいてきた」との感想が出ました。

電子顕微鏡にくぎづけの児童たち
電子顕微鏡にくぎづけの児童たち

韓国の栗川高等学校 で出前授業を実施

栗川高等学校(韓国)
2017/7/20

7月20日に韓国の栗川高等学校にて2年生3クラスを対象とした出前授業を実施しました。
授業では、事前に準備した身近なサンプルを実際に観察して説明しました。
蟻、蚊、などの微細な構造や、卵の裏と表の構造の比較を行い生徒達は表示される電子顕微鏡の画像を集中して観察していました。

観察資料の説明を真剣に聞いている生徒達
観察資料の説明を真剣に聞いている生徒達

日立ハイテクノロジーズ韓国会社は今後も教育現場のニーズに併せた理科教育支援活動を推進して参ります。

大分県の真玉中学校で近隣小学校とコラボした出前授業を実施

豊後高田市立真玉中学校(大分県)
2017/7/6

大分県の豊後高田市立真玉中学校にて1~3学年の生徒と、近隣の真玉小学校と臼野小学校の6年生を対象とした出前授業を実施しました。今回の出前授業は日立製作所出身の平松校長先生が主催する「世の中セミナー」の一環として実施し、本セミナーとしては初めて近隣小学校とコラボレーションしました。

電子顕微鏡の画像に集中する生徒たち
電子顕微鏡の画像に集中する生徒たち

授業では電子顕微鏡の紹介と児童・生徒が持ち寄った身近な試料の観察を行い、イチゴの実の表面に有る気孔様構造など驚きの声が上がりました。(一般的にイチゴの果実と言われている部分を正しくは「花床」といい、表面の粒が「実」に相当します)当日は地元新聞とケーブルテレビの取材も入り、「鉛筆の芯の先端がぐにょぐにょしとした形で驚いた」との感想も上がりました。

授業で観察したイチゴの実の電子顕微鏡画像
授業で観察したイチゴの実の電子顕微鏡画像

授業で観察した鉛筆の芯(割断面)の電子顕微鏡画像
授業で観察した鉛筆の芯(割断面)の電子顕微鏡画像

福岡県の麻生学園小学校で出前授業を実施

麻生学園小学校(福岡県)
2017/7/4

福岡県の麻生学園小学校にて5年生、6年生を対象とした出前授業を実施しました。今回の授業では「何故蚊に刺されても痛くないのか?」をテーマとしたワークシートを用いて「疑問⇒予想⇒観察⇒考察⇒新たな気づき」という流れを実践できるように工夫しました。児童達からは自由な発想で様々な予想を出してもらい、電子顕微鏡の画像や説明での答え合わせでは驚きの声が上がりました。また、授業後半では児童達が持ち寄った植物の葉や実、昆虫の観察も行い身近な物のミクロの世界を体験してもらいました。我々は今後も教育現場のニーズに併せた理科教育支援活動を推進して参ります。

ワークシートに予想を書き込む児童たち
ワークシートに予想を書き込む児童たち

電子顕微鏡の画像に集中する児童達
電子顕微鏡の画像に集中する児童達

授業で用いたヒトスジシマカの電子顕微鏡画像
授業で用いたヒトスジシマカの電子顕微鏡画像

茨城大学こうがく祭にTM3030の体験ブースを出展

茨城大学日立キャンパス
2017/6/11

6月11日(日)に茨城大学日立キャンパスで開催された学園祭(こうがく祭)にて卓上型電子顕微鏡「TM3030」を使った実機体験ブースを出展しました。今回のイベントは、地元の日立製作所電力ビジネスユニットとの共催として、日立製作所の各事業所紹介ビデオも併せて上映致しました。展示会場には近隣の小中高校生や保護者をはじめ、日立製作所OBの方々にも参加頂き、約30名に身近なサンプルを用いた「知っている物の知らない世界」を体験頂きました。参加頂いた小学生のなかには操作のポイントを直ぐに覚えて自分でスイスイ観察を進める児童もおり、まさに「誰でも簡単に使える」卓上型電子顕微鏡のコンセプトを体現する場面も有りました。

アリを観察する参加者
アリを観察する参加者

ウクライナ・キエフにて理科出前授業を実施

第78小・中学校、キエフ工科大学(ウクライナ・キエフ)
2017/5/25~26

2017年5月25日(水)と26日(木)の両日、ウクライナの首都キエフにある第78小・中学校、キエフ工科大学およびイベント会場プラットフォルマで卓上型顕微鏡「TM3030」を使用した出前授業を実施しました。今回の出前授業は、日本とウクライナの外交樹立25周年にあたり様々な交流事業や文化イベントが開催される「ウクライナにおける日本年」の一環として開催されました。

25日午前は、第78小・中学校の生物クラブの皆さんを対象に、現地で採取したポプラの綿毛・蟻・乾燥させた植物など身近な試料を観察。生徒の皆さんは強い興味を示し、熱心に講義を聴いていただきました。午後は、キエフ工科大学の先生方と学生の皆さんを対象にデモンストレーションを行いました。電子顕微鏡の機能や性能など専門的な質問も寄せられ、また、出席者の専門分野に関連する試料の観察依頼もいただきました。26日のイベント会場では、小学生と保護者から会社員まで幅広い層の方々が来場され、クイズ形式を取り入れた授業で様々な試料を観察し、リラックスした雰囲気の中、電子顕微鏡で見るミクロの世界を体験していただきました。保護者の方からは、「光学顕微鏡の観察画像とは違う模型の様な細かい表面構造が見え、子ども達も喜んでいる」とのコメントがありました。

第78小・中校授業風景
第78小・中校授業風景

工科大学授業風景
工科大学授業風景

子ども達と顕微鏡
子ども達と顕微鏡

当社グループは、ステークホルダーの皆さんと協力し、ワールドワイドなネットワークを活用し理科教育支援の輪をグローバルに拡げてまいります。

第75回全日本学生児童発明くふう展に出展

科学技術館(東京都千代田区)
2017/3/22~26

科学技術館(東京都千代田区)において、2017年3月22日(水)から2017年3月26日(日)まで開催された、発明くふう展の全国大会に卓上型電子顕微鏡「TM3000」の体験ブースを出展しました。
本展示会は子どもたちにモノづくりを通じて創作や発明の楽しさを体験してもらい、その想像力を育てることを目的としています。日立ハイテクノロジーズ(日立ハイテク)では、2013年より、卓上型電子顕微鏡を用いた体験ブースを毎年継続して出展しています。
今年度は、子どもたち中心に約200名に当ブースにご来場いただき、「知っているものの知らない世界」を体験していただきました。
今回は、日立ハイテクから3名の社員が、初めて子どもたちへの説明に参加しました。参加した社員からは、「今回参加したことで、子どもたちのとても興味ある姿をみて、いい体験になりました。是非、他の社員にも積極的に参加していただければと思います。」という声があがりました。
これがきっかけとなり当社内で理科教育支援活動に対する興味関心が高まると共に、ますます協力の輪が広がることを期待します。

産業技術総合研究所(臨海副都心センター)にて理科教育支援を実施

産業技術総合研究所(臨海副都心センター)
2017/2/25

産業技術総合研究所(臨海副都心センター)にて卓上型電子顕微鏡「TM3030」を使った子ども向けイベントを実施しました。今回のイベントは、日本顕微鏡学会関東支部が企画したもので、「第41回日本顕微鏡学会関東支部講演会向けSEM体験教室」の市民向けプログラムのひとつです。日立ハイテクノロジーズが協力し、「TM3030」でサンプルを見るデモンストレーションを行いました。
イベントには小学校3年生~中学1年生の子どもたちを含む22名の市民が参加し、大盛況でした。

観察資料:珪藻
(観察資料:珪藻)

観察資料:アリ
(観察資料:アリ)

参加者は、果物の断面に似た珪藻や蟻の複眼、塩と砂糖の結晶の形の違いなどを見て、驚きの声をあげていました。普段身の回りに存在しているものを電子顕微鏡で大きくしてみると、全く違う姿が見えます。

「中身はこんな風になっています」と装置カバーを開けて電子銃部分を説明しています
「中身はこんな風になっています」と装置カバーを開けて電子銃部分を説明しています

東北大学・カタールサイエンスキャンパスにてイベントを実施しました

東北大学・カタールサイエンスキャンパス(宮城)
2017/2/18

東北大学・カタールサイエンスキャンパスにて卓上型電子顕微鏡「TM3030」を使った子ども向けイベントを実施しました。イベントは東北大学が主催し、「知っている物の知らない世界 ~電子顕微鏡で観察しよう~」と題して日立ハイテクノロジーズCSR・コーポレートコミュニケーション部のメンバーが講師をつとめて行いました。
参加者は事前申し込みをした近隣の小学3~6年生28名で、保護者や兄弟も見学席で一緒に楽しみました。
今回のイベントでは、参加者の小学生たちがそれぞれ電子顕微鏡で見たいもの(試料)を持って来てくれました。藻、ホコリ、塩昆布、ヨーグルトの蓋、バナナのDNAなど、面白そうな試料がたくさん。

観察したバナナのDNA
(観察したバナナのDNA)

そして、参加者たちは、アシスタントの東北大学学生にも手伝ってもらい、持ってきた試料を自分で試料台にピンセットを使ってセットしました。

東北大のお兄さんに手伝ってもらって試料を準備
(東北大のお兄さんに手伝ってもらって試料を準備)

参加者たちは、ひとりひとり講師の指導を受けながら電子顕微鏡を自分で操作して、自分の試料を観察しました。観察の様子は会場の大きなモニターに映して、見学者も含めて全員で見ました。植物の細胞や物の構造を見たこともないミクロの姿で観察した参加者たちは、驚きや面白さの歓声をあげていました。

大きなモニターで見る画像に圧倒!!
(大きなモニターで見る画像に圧倒!!)

台湾で現地中学校の先生を対象とした講習会を実施

日立ハイテクノロジーズ
2017/2/7

2017年2月7日(火)、日立ハイテクノロジーズ台湾会社において、現地の学校の先生向けに卓上型電子顕微鏡「TM3030」の使い方講習会をしました。当日はCSR・コーポレートコミュニケーション部のメンバーと現地スタッフが協力して、電子顕微鏡のしくみや授業での活用アイディアについて、実機を使って説明しました。

現地スタッフによる使い方アイディアの説明
(現地スタッフによる使い方アイディアの説明)

参加した中学校の先生方は13名。鳥の羽毛の表面や植物の気孔などの観察を行いました。皆さん、興味津津で楽しみながらも真剣な質疑応答がありました。
先生方からは、「(卓上型電子顕微鏡を活用した授業をすれば)学生の一層のモチベーションアップに繋がると思います。」「最先端の技術をこんなに簡単な操作で使えるなんて!」「新しい授業のアイディアが湧いてきました」といった感想が聞かれました。

左:ハイビスカスの花粉 右:参加した中学校の先生方
(左:ハイビスカスの花粉 右:参加した中学校の先生方)

中には現地の慣用句「也引人入勝」(人を惹きつけ夢中にさせるの意)を感想としてコメントされた先生もいました。
CSR・コーポレートコミュニケーション部では、社内外の仲間とともに、これからも最先端の技術と知見を生かして、ワールドワイドに楽しく理科教育支援活動を推進していきます。