ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテクノロジーズ

Verigeneセミナー in 東京

4月18日(水)国立国際医療研究センター 研究所にて米国ロサンゼルス小児病院 ジェニファー・ディエン・バード先生をお招きし、薬剤耐性(AMR)対策の一環として、細菌の遺伝子関連マルチプレックス検査、Verigeneシステムを利用した抗菌薬適正使用(AS)プログラムの取り組みについてご講演いただくこととなりました。
皆さまのご参加をお待ちしております。

Verigeneセミナー

開催日

2018年4月18日(水)

会場

国立国際医療研究センター 研究所 会議室A・B

参加費

無料

お申し込み

開催時間

19:00~20:00(受付開始 18:30)

対象

薬剤耐性(AMR)対策、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の取り組みをご検討されているICTメンバー、感染症医、臨床検査技師、医療従事者の方々

定員

50名
* 原則として、先着順とさせていただきます。

お問い合わせ先

プログラム

司会 大曲 貴夫 先生
(国立国際医療研究センター病院 副院長/総合感染症科 科長/
国際感染症センター センター長/国際診療部 部長/AMR 臨床リファレンスセンター長)
講演 1. Verigeneシステムのご紹介
(株)日立ハイテクノロジーズ
2. Verigene システム(細菌マルチプレックス遺伝子関連検査)の適切な治療・投薬への貢献
Optimize Medical Treatment by Verigene System, Multiplex Molecular Test
ジェニファー・ディエン・バード 先生 / Dr. Jennifer Dien Bard
(ロサンゼルス小児病院 細菌検査室長)