ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテクノロジーズ

第124回日本解剖学会総会・全国学術集会

朱鷺メッセにて開催される「日本解剖学会総会・全国学術集会」に出展します。
日立ハイテク展示ブースへのご来場をお待ちしております。

開催日

3月27日(水)~29日(金)

主催者

一般社団法人日本解剖学会

会場案内

〒950-0078
新潟県新潟市中央区万代島6番1号
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

ランチョンセミナー

日時 3月28日(木)12:00~13:00
会場 C会場(メインホール)
タイトル 神経病理学:変性疾患剖検脳の観察
要旨 高齢化社会とアルツハイマー病(認知症)が衆目を集めて久しいが、近年、アルツハイマー病以外にも神経変性疾患の病名が一般の人々にも知られるようになってきている。
パーキンソン病は言うに及ばず、筋萎縮性側索硬化症なども新聞、テレビ等で取り上げられることがある。
神経変性疾患の実地臨床であるが、高度な画像技術やバイオマーカーをもってしても、その診断は容易なことではない。
その確定は病理解剖による脳・脊髄の観察に俟つとされている。重要なことに、今日、神経変性疾患の発症に関連する病的タンパクとしてタウ、α-シヌクレイン、そしてTDP-43が確立されている。
今回、神経変性疾患における神経病理学を紹介することで「剖検脳を観る(観させてもらう)」ことの大事さをお伝えできればと思う。
講演者 新潟大学 理事(研究担当)・副学長 高橋 均 先生
座長 新潟大学 理事(国際担当)・副学長 牛木 辰男 先生