ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

分野別ソリューションセミナー 第三回 高分子系機能材料

~高度化・複雑化する材料と機器分析~

 プラスチックやゴム、接着剤などの有機・高分子材料は、モバイル機器や自動車・運輸、各種包装材、電子機器などの身の周りのあらゆるところで多用され、私たちの豊かで安心できるくらしを支えています。
材料や製品の性能向上や品質管理の上で、高分子の特性や構造を理解し、開発や製造にフィードバックすることは重要です。近年の材料開発は高度化・複雑化が進んでおり、複数の分析機器を用いて多角的に分析・解析する重要性が増しています。また、機能や性能の追求に加えて、自然環境に配慮した材料開発やリサイクル材の活用、人体への有害物質の管理や規制対応が強く求められています。
 本セミナーでは、高分子系機能材料と分析機器を取上げ、(1)材料のキャラクタリゼーション(物性評価と形態観察)、(2)有害物質規制、(3)環境課題、の3つの観点で俯瞰し、日立ハイテクの分析機器の基礎と分析・解析事例を広く紹介します。

開催概要

日時

2022年7月29日(金)
13:00~15:30

定員

各500名(先着順)

形式

Webセミナー(ライブ配信)

プログラム

各講演20分程度を予定しています。

プログラム
■高分子材料のキャラクタリゼーション ~物性評価と形態観察~
  • 熱分析でできる高分子材料の評価事例
  • 分光・蛍光光度計の基礎と材料分析の応用事例
  • 酸素や水蒸気の透過を測定するMOCON社製ガスバリア試験装置のご紹介
  • 3つの顕微鏡(SEM/AFM/CSI)を使った高分子材料解析のご紹介
    ~材料評価の幅を広げる相関解析~
■プラスチック製品を取り巻く含有化学物質規制と機器分析 
■環境課題に対する分析事例 ~プラスチック資源循環への取組み~ 

お申し込み

本セミナーのお申込み受付けは終了しました。

締め切り

2022年7月25日(月)
17:00

受講のご案内について

開催の2日前までに、視聴用URLをメールでご案内します。
前日になってもメールが届かない場合は、下記よりお問合せ下さい。

お問合せ

株式会社日立ハイテク
コアテクノロジー&ソリューション事業統括本部 事業戦略部
担当: 東、山村