ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

第66回日本医真菌学会総会・学術集会

10月1日(土)から開催される「第66回日本医真菌学会総会・学術集会」に参加いたします。
スポンサードシンポジウムでは、「Antifungal stewardship(AFS)における迅速TDMの意義と普及拡充について考える」をテーマに、2つの講演を行います。
また展示会場では、LM1010(高速液体クロマトグラフ)の実機によるサンプルの前処理から測定、結果表示までの一連の操作を体験していただけます。ぜひブースにお立ち寄りください。

開催日

2022年10月1日(土)~2日(日)

会場案内

長良川国際会議場
〒502-0817 岐阜県岐阜市長良福光2695-2

テーマ

「真菌感染症を多角的に考える」

スポンサードシンポジウム1

日時 2022年10月1日(土)15:30~16:50
会場 第4会場
テーマ 「真菌感染症を多角的に考える」
タイトル Antifungal stewardship(AFS)における迅速TDMの意義と普及拡充について考える
座長 愛知医科大学大学院医学研究科 三鴨 廣繁 先生
演者
【SS1-1】
東京女子医科大学病院 薬剤部 浜田 幸宏 先生
「薬剤師としてAntifungal stewardshipのPDCAサイクルを回すための方策」
演者
【SS1-2】
同志社女子大学薬学部 臨床薬剤学研究室 松元 加奈 先生
「抗真菌薬のTDMの意義を考える」
事前参加申込

製品展示

会場

出展製品

ご来場がかなわないお客様におかれましては、オンラインでのご相談を承っております。
オンラインでのご相談は、以下よりお申し込みください。