ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

自動分析装置 3500

自動分析装置 3500

【本ページは医療従事者向けです】

継承、そして革新

日立が培ってきた技術と経験をもとに、生化学自動分析装置が、複合型自動分析装置に進化した「日立自動分析装置 3500」が誕生。
多彩な機能と光学系の新技術の搭載により、それぞれの検査機関の業務スタイルに合わせた運用が可能です。
臨床検査室に求められている「迅速かつ精確な検体検査結果の報告」に応える自動分析装置です。

3500や、日立ハイテクブースの様子を動画でご覧いただけます。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテク

    3500が実現する検査の新たな可能性

    テクノロジーの一歩先ゆく3500は、
    多彩な機能と光学系の新技術を搭載し、
    それぞれの検査機関にあわせた業務スタイルを可能にします。

    分析開始から約10分で結果出力

    生化学検査装置として

    7180形の使い勝手のよさを継承した3500。
    新サンプリング機構を搭載し、
    分注精度を向上しました。
    新しい生化学自動分析装置のスタンダードとして
    ご使用ください。

    生化学検査装置の画像

    複合型の分析装置として

    多彩な機能を搭載した3500は、
    生化学/免疫(BNP等)/凝固(PT・APTT・Fbg)/
    HbA1c/ISEの測定が可能です。
    夜間・休日はもちろん、緊急検査装置としても
    この1台でお応えします。

    複合型の分析装置の画像

    未来に広がる可能性

    散乱光度計により、低濃度域の感度を上げることが
    可能となり、検査結果の信頼性が向上されました。
    従来の吸光光度計と散乱光度計との同時測定により、
    幅広い測定領域をカバーできます。
    この吸光(Absorbance)と散乱(Scattering)を組み合せた Abscatter
    により捉えられる領域が、新たな可能性を広げます。

    • * 「Abscatter」は当社の出願中の商標です。

    お客様の声

    検査項目当たりのコスト削減/検査スピード&安定性向上を実現

    みなみ野循環器病院 –東京都八王子市-

    「みなみ野循環器病院」は先進的な循環器疾患治療を提供している循環器専門の病院だ。年々増えていく患者や近隣の医療関係者の期待に応えるため、2016年11月、前身である「みなみ野ハートクリニック」を病院に変更。大病院レベルの医療機器を備えつつ、精密な検査から薬物療法やカテーテル治療、食事・運動・服薬指導を含めた再発防止のサポートまで、きめ細かい対応を実践している。
    患者さんのために、正確かつ迅速な検査データを求めていた同院で、3500を導入した効果をうかがった。

    みなみ野循環器病院 –東京都八王子市-

    設立:2016年
    病床数:20床(うちHCU 4床)
    一日の検体処理数:約40件
    住所:東京都八王子市兵衛1-25-1

    血液疾患専門クリニックの先駆け

    LIGARE 血液内科太田クリニック・心斎橋

    「2020年5月に開設2周年を迎えるLIGARE 血液内科太田クリニック・心斎橋(大阪市中央区)は血液疾患の専門クリニックのモデルケースになるという日本では前例がない目標実現に向けて実績を積み重ねてきた。血液疾患を取り巻く状況と医療政策のミスマッチを解消する架け橋のような医療機関が地域に必要なのではないかと院長の太田健介氏が発想した。開設時の思いや現状、今後の展望について話を聞いた。

    LIGARE 血液内科太田クリニック・心斎橋 様

    仕様

    項目 内容
    処理能力 吸光度分析 最大800テスト/時
    光散乱分析 最大800テスト/時
    ISE 最大600テスト/時
    HbA1c 最大200テスト/時(自動溶血機能時)
    凝固時間分析 最大150テスト/時(PT単独)、110テスト/時(PT・APTT・Fbg)
    検体架設数 110検体
    検体架設方法 ターンテーブル
    検体量 吸光度分析/光散乱分析/HbA1c 1.5~35.0 µL(0.1 µLステップ)
    凝固時間分析 1.5~53.0 µL(0.1 µLステップ)
    反応液量(測光必要量) 吸光度分析 100~300 µL
    光散乱分析 200~300 µL
    凝固時間分析 75~110 µL
    試薬分注量 吸光度分析/光散乱分析/HbA1c 20~270 µL(1 µLステップ)
    凝固時間分析 25~75 µL(1 µLステップ)
    試薬ボトル架設数 90ポジション
    攪拌方法 攪拌棒
    外形寸法 1,960(幅)× 840(奥行き)× 1,240(高さ) mm *1
    質量 約500kg
    *1
    高さは操作部を含まない寸法です。
    *
    プリンタは標準本体構成には含まれません

    配置例

    配置例

    販売名:日立自動分析装置 3500
    製造販売届出番号:08B2X10005000042
    一般的名称:ディスクリート方式臨床化学自動分析装置
    一般医療機器(特定保守管理医療機器該当、設置管理医療機器該当)

    *:
    「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で定められた特定保守管理医療機器は、医療機器販売業・貸与業の許可業者からご購入ください。