ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

検体前処理システム

【本ページは医療従事者向けです】

臨床検査に必要な前処理業務を各モジュールに搭載し、それぞれの検査室のご要求に応じてフレキシブルなシステムを構築できるモジュールアッセンブリー方式を採用
使い易さを重視したコンパクトシステムを実現しました。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテク

    特長

    • コンパクト化の追求で占有面積を約40%低減
    • 各モジュールのコンパクト化を図るとともに、モジュール間を直接接続することにより大幅な省スペース化を実現
    • 限られたスペースへの導入に対応します*当社従来製品比(平均)
    • ニーズに合わせてシステムを構築
      コアを中心とした各モジュールの組み合わせにより、様々な検査室に合った前処理システムを構築できます。
    • モジュールの増設やバージョンアップに柔軟に対応
      モジュールアッセンブリ方式、非同期自律分散システムの採用により柔軟な拡張性を実現。モジュールの増設やバージョンアップにも容易に対応します。

    検体前処理システム検査業務の新たな時代をひらく技術を結集

    各モジュールは、処理部とメインラインの間に処理前のラックを複数個滞留できる引き込み専用ラインを装備。
    後続ラックの追い越しを可能とすることで、各モジュールの処理速度の違いによるラックの渋滞を解消し、システム全体の処理能力の低下を防止しています。

    試験管1本でもダミー検体不要

    遠心分離モジュール*のオートバランス機構

    自動でローターのバランスを調節する自動バランサーを装備しました。 ローター上部に配置されたケース内で自在に動くスチールボールが最大110gまでのインバランスを補正。 試験管1本からダミー検体をセットしないで運用できます。

    *:
    遠心分離モジュールは医療機器です。

    販売名:MC25C2形日立自動遠心ユニット
    製造販売届出番号:08B2X10005003001
    一般的名称:汎用検査室用遠心機
    一般医療機器

    メンテナンスの手間を低減

    シリンジレス分注システム

    ベローズの伸縮により検体の吸引、吐出を行なうシリンジレス方式を採用。
    優れた分注精度はそのままに、複雑なシリンジのメンテナンスをなくしました。

    複数のモジュールやシステムと効率的に連携

    シリンジレス分注システム

    各モジュールはそれぞれ独自に制御部を搭載し、LON*(制御情報)、Ethernet*(処理情報)による非同期自律分散システムを実現。サイクルタイムの異なる複数のモジュール間で、効率的なラック搬送を実現しました。

    *:
    LONは、米国Echelon Corp.の米国登録商標です。
    *:
    Ethernetは、米国Xerox Corp.の商品名称です。
    *:
    遠心分離モジュールは医療機器です。
    販売名:MC25C2形日立自動遠心ユニット
    製造販売届出番号:08B2X10005003001
    一般的名称:汎用検査室用遠心機
    一般医療機器

     

    *:
    「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で定められた特定保守管理医療機器は、医療機器販売業・貸与業の許可業者からご購入ください。